いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
緑の命を育むと・・・
2009年 07月 04日 |
人気ブログランキング にほんブログ村
b0137400_15202174.jpg


5月からミニトマトのコンテナ栽培をはじめ
今、ようやく青い実ができはじめました
トマトを植えてから息子は私よりも早起きになり
目がさめると一目散にベランダにむかいます

そして、毎日毎日

『お母さん!見て!トマトくん大きくなっているよ』

と成長を喜んでいます

b0137400_1526823.jpg
畑とちがいベランダ菜園はすぐに観察できるので
息子はまるでペットのお世話をするかのごとく
たいへん熱心に面倒をみています

日中の気温や日差しによって水やりのかげんをかえたり
脇芽をつんだり、肥料を足してみたり

育て方の情報やマニュアルはたくさんありますが
それをどのように働きかけるかは、今の状態をわかっていないと上手くいきません

たとえば水やりひとつでも
育て方の本には
”根腐れをおこすので土の表面が乾いているくらいのほうが良い”
とあったのでそのようにしていると葉っぱがグッタリしてしまいました002.gif
畑仕事のプロの母に相談すると
『それは、畑で育てている場合でコンテナだったらたっぷり水をあげなさい』
と言われ、あぁ、なるほどと納得

そのときの状況に合わせて臨機応変に対応しないと
あっという間に植物は枯れてしまいます

植物を育てるという行為の中で
観察力、判断力が養われ、
さらに、一粒の種が実を生らすまでの間に
土、水、太陽、虫、いろいろな助けを借りて
命は単独で在るのではなくすべて繋がっているのだと体感できるのです

まさに子育て・・・


自分の子育てを振り返ってみると
3歳頃まではさまざまな知識をインプットさせるのに必死でした
そこから5歳頃までは、一歩さがって
子どもの向きたい方向を妨げることなく必要なことを手助けするように勤めました

今は、”創造力”、”想像力”を育むことを意識し
それには、まず外に出て自然を体感することを何よりも大事にしています

家の中には人の手で作られたものしかありませんが
自然はまさに”神の手”の作品であふれています
その作品たちが五感に与える刺激は目にはみえないけれど
後々、大きく影響するんじゃないかな


私の大好きなジェームズ・ラブロック博士(生物物理学者)の言葉に

地球上のすべての生命が大きな自己調節システムのような働きに関与し、
生命の流れを維持するように存在している


とあります

ここからは私の仮説ですが
ならば自然の中に身をおくことで
人として心身ともに健全な状態になりえるのではないか
霊性(スピリチュアリティ)を保つことが出来るのではないか、と思ったりして

そしてそういった子供たちがつくる未来は
地球を慈しみ、命を尊び、自分を愛するように人を大切にできる
そんなことも有り得るのではないかと思うのです

今すぐに、自分で何かをすることは難しいかもしれませんが
我が子の心にそんな種をまくことが出来たら嬉しいですね


『大人は、子と自然を巡り合わせよ』 (By ジェームズ・ラブロック)



いつもありがとうございますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ



058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学

PR:自然育児・ナチュラルライフ



[PR]
AX