いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
子供の成長にかかせないもの
2009年 10月 30日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ
            ↑足跡帳です。ポチっとどうぞ、あとでお礼に伺います^^


b0137400_9483385.jpg

先日、幼稚園にて保育参観
年長さんなので、これが幼稚園最後の参観日です

年少さんのときは、お母さんが気になって泣いちゃったり
じっと座ってられなくてウロウロしたりって子がいましたが
年長さんともなると、さすがに違います!

まず、歌が上手い!
先生の指示もちゃんと聞けます
まるで小学校の授業のような素晴らしい集中力

変わるものですね~045.gif

それに伴い、お母さま方の意識も変化していくようで
年少さんの頃、はらはらドキドキしながらの参観から
何か、ゆとりのようなものを感じました

私も息子が3歳になるまでは
”鉄は熱いうちに打て!”のごとく、将来の子供の能力は幼少期が大事!
と、あせってあれこれ情報を集めていましたが
今となっては、なんて意味のないことをしていたのかしらと思います

じゃあ
子供の成長に親はどのようにかかわっていけばよいのか?と、
ここしばらく考えていました

そして、自分自身を振り返って
母や父が私に与えてくれた”大切なもの”に気がついたのです




私には3歳上の姉が1人います
姉は良くしゃべり、外交的で、活動的な人です
母は几帳面で、挨拶や身だしなみにうるさい人で
この2人が揃うと、やかましくて、もう大変042.gif

けれど、私がすること選ぶことについてはまったく口出しをしませんでした
そのおかげで、小さな頃から全て自分の考えで選ぶ習慣ができていましたので
自分の好みの把握や、そのとき求めている事の認識や判断が早くなったように思います

中学1年の頃には、すでに将来やりたい職種が決まっていて
高校、専門学校と、その目的にそった所に進み
希望どおりの仕事につく事が出来ました

就職してからは、実家からは遠くて通えないので
一人暮らしがはじまります

まったく知らない土地で住むところを探すというのに
こういった時にも、両親は何も口出しせず
私の判断を信じてくれました

当時はすべてがそんな調子でしたので、何とも思いませんでしたが
いざ自分が親になってみたとき
こういった対応はなかなか出来るものじゃない、ということにはじめて気がつきました


社会のルールについては厳しくしつけられましたが
自分自身のことに関して指示されたり口出しされたりしたことは一切ないのです

子供の人格をひとりの独立した個とみなして、あるがままに受け入れてくれたこと

今の私があるのは、両親の強い信頼と愛情があってこそなんですね


”親に受けた恩は自分の子供に与えなさい”


と教えていただいたことがあります
親が迷うと子供も迷います
私も両親のように、力強く、けれどしなやかな子育てをしたいな。。。
ついつい手出し口出ししたくなるので自戒をこめて 001.gif



みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ



058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学



[PR]
AX