いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
考えよう 世界のこと
2010年 01月 25日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

b0137400_1461686.jpg


昨日、ドライブをしながら、なぜか戦争の話になりました
第二次世界大戦と戦後の様子を息子に話しながら
おこった出来事を説明するのは簡単だけど
自分がその出来事を、

”どのように考えているか”

というところが非常に大事である、と感じました
捉え方ひとつで、強調する部分や聞き手への印象がかわります
一人の意見だけを鵜呑みにすると
1つの見方しか学べませんよね

学校に行くと、いろいろな事が学べます
けれど、学校の授業の中だけでは
多面的な物の見方、考え方をもつことは難しいように思います

このことで、私がよく訪れるブログ『教育の窓・ある退職校長の想い』の中で
”歴史を見る目を養う”という記事から、たくさんのヒントをいただきました

この記事中に
 当時の時代相にできるだけ入り込み、今とは違う生活のなかにあったこと、
 今とは違うものの考え方をしていたことなど、できるだけとらえられるようにし、
 実感的な分かり方を目指したい

とあります

このようなことは、学校の授業時間のなかだけでは非常に難しい
それこそ、家庭教育の本領発揮となる部分

最近、息子とずっと過去にさかのぼって歴史の話をしているのは
すべての物事は繋がっているのであり
自分がこれから何をするかで世界が大きく変わるかもしれない、
人ひとりは、ちっぽけなものではなく非常に大きな可能性を持っている
ということを感じて欲しいと思っているのです

また、『戦争』という現象があったときに
単に被害者と加害者のように一方的にとらえるのではなく
いろんな角度からみる視点をもって欲しいと思うのです

そのような判断力を養うには、いろいろな情報と知識が必要となってきます
また、実際に人とぶつかりディスカッションしていくことも大切034.gif


さて、私は普通の主婦であり、教授ではないので
出来ることには限りがありますが
最近、ホントに便利な、書籍やDVDがたくさんあります
その1つを紹介しますね
今の世界のことについて学ぶ入門編としてこのDVDはおすすめです

もったいないばあさんと考えよう世界のこと

b0137400_14521240.jpg

テーマは
”今、地球でおきている問題は繋がっている”ということ
そして、その問題はよその国の話ではなく自分ごとと捉え
『どうすればいいのか?』と考えるきっかけにして欲しい、といった構成になっています

メインは10の地球の問題について取り上げています
① 天気がおかしい
② 森がきえる
③ 土地があれる
④ 生きものがきえる
⑤ 食べ物が足りない
⑥ きれいな水が飲めない
⑦ 戦争がおきる
⑧ 難民が生まれる
⑨ 子どもがはたらかされる
⑩ お金持ちと貧しい人の差がひろがっている

子どもに、わかりやすい内容となっているので入門としてはバッチリですが
1つ1つのボリュームが少ないので
これをきっかけとして、その後、いろいろな関連づけをしてあげられるといいですね

また、子どもに見せる前に、ざっくり内容を先にみて
たとえば
⑥きれいな水が飲めない
について見せる前に

『水を飲みたいときどうする?』
『台所でお水を入れる』
『じゃ、蛇口をひねっても水が出なかったら?』

と、水道の整っていない状況を想像してもらってから
視聴するといいと思います

このビデオの中で
難民キャンプで暮らすお母さん方へのインタビューが心に残りました
食べ物や水、薬、安全。。足りないものだらけの生活をしている中で
『何が、今、いちばん必要ですか?』
という問いに
『学校を作って欲しい。
 子どもたちには、ちゃんと教育を受けて
 どうすれば、こんなひどい状況を変えられるのか
 考えられる人になって欲しい。』
と。。。


私は
『自分さえ良ければ、それでいい』
この考え方が変われば、世界は変わると思っています
そのために、今、なにができるでしょう?

まずは
日々の子育ては、未来を育てることに繋がっている、と心し
目の前のことを、コツコツがんばろう!



058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学

みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ





[PR]
AX