いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
親ってなんだ?って考えてみた
2010年 01月 28日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

前回の記事『考えよう 世界のこと』
”いろんな角度からみる視点をもって欲しい”という
我が家なりの方針を書き連ねてみました

これは、すんなり自然にそうなっていったのではなく
いろいろ迷いながらも見えてきた一筋の光のようなもので
まだまだ、暗中模索中でもあります

以前、マミ~
『息子は、少しでも誰かが痛い思いをしたり
 辛い気持ちになってしまうような映像を嫌います。
 アンパンマンみたいなアニメもダメで。。。』
みたいな会話をしたときに、いただいたアドバイスが今の大きな指針となっています
(このアドバイスは、あとで紹介しますね)

なぜだか今朝も、ずいぶん前にテレビでみたダウン症の人の話になりました
(ダウン症をテーマにした番組ではなく、素晴らしい書道家の方(ダウン症)のお話でした)

テレビを見たとき、染色体異常ということが深く心に残ったようで
どういった原因でそうなるのか、といった説明をきちんとしたものの
なにか、割り切れないような感じ。。。

今朝、起きるなり
『ねえ、赤ちゃんのときからダウン症の子は
 お母さんのお腹にいたときから病気だったの?』
と聞いてきたので
(あぁ、まだ気にしてたのね)と、思いつつ

『DNAって知ってるよね。 体の設計図、
 ダウン症は染色体のほんの1本の違いでおこるって、言ってたよね。
 いまDNAについて、いろんな人が勉強して研究しているところなの。
 今はまだ、解決できない問題も
 研究がすすめば解決できる日がくるかもしれないね。』

『そういう勉強をする学校もあるの?』

『うん。あるわよ。
 体や病気について研究するところや、
 治療の仕方を勉強するところもあるの。
 そういったことを勉強して、治療や研究をお仕事にしている人もいるの。
 仕事っていうのは、単にお金が必要だからするだけではなくて
 誰かのお役に立てるように、頑張ることでもあるのよ。

 今、イヤだなって感じたり
 なんとかならないかなって思うことがあったら
 ”なんで、そうなるんだろう?”
 ”どうしたら、解決できるんだろう”って考えて調べていくと
 答えがみつかるかもしれない。
 勉強っていうのは、そのために必要なのね。』

すると息子は、とても嬉しそうな顔をして

『お母さんの顔に光が見えるよ 058.gif



長い人生の中で、子どもとともに歩んでいけるのはほんの僅かな時間しかありません
子どもに、辛い思いや悲しい思いをさせないように
身を盾にしたくなるのが親心ですが
そういった状況になったとき、”どうすればいいのか”という
プラスに転換していく発想を示してあげれたら、と思っています。


それにしても
こういったことを伝えるのはとても難しいなぁ、と思うこの頃です
人それぞれ、今の自分の状況や
過去の経験から、さまざまなフィルターをとおして物事を受け止めるものなので
全く同じように伝わるとは思っていませんが

ただ、ひとつ自分なりの判断基準を自分でしっかりと持つよう意識することは
いまの情報社会の中において非常に重要だと思います


ちょうどタイミング良く、このことについて
石井さんがブログにまとめてくださったので紹介しますね

前述の私が指針としているマミ~のアドバイスもこちらにあるので
参考になさってね035.gif
http://blog.livedoor.jp/tamakokko/archives/50982102.html




058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学


みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ





[PR]
AX