いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
乳児期の言葉の習得
2010年 02月 20日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

b0137400_1971372.jpg

めずらしく児童書を読んでいます
絵本でさえ、1ページに5行以上の文章量だと
読み聞かせ中にフェイドアウトしていく息子

なのに、この熱心にみている本は特別らしい

というのも

来月、幼稚園でお芝居をする本だったから
まあ、興味深々ってことなんでしょうね

そういえばもうすぐ1年生
4歳くらいの頃は、絵本を読んでも全然おとなしく聞いてくれなくて
『学校にはいったとき、ちゃんと、授業を聞けないんじゃないかしら』 とか、
『こんなに集中力が無いんじゃ、いいかげんな子になるんじゃないかしら』 とか、
本気で心配したものですが、今ふりかえってみると

”子供なんだから、おちつきが無くて当たり前~”
いったい、何で心配してたのかサッパリわからないレベルのことであります

あれこれ気を回したくなる親心ですが
環境を整えたら、あとは子供を信じて控えていることも大切と実感027.gif

とまるで母親業については、余裕綽々のようなことを言っていますが
昨日、まだヒヨっこ母さんだったときのことを思い出し笑っちゃいました

我が家は1人息子で、親子3人で暮らしています

で、私は知らなかった、いや、気がついていなかったんです

子供はまわりの音や話しかけられる言葉から
言葉を習得するってことを!



家では息子が3歳になるまで、テレビはつけておらず
ダンナさんは仕事で不在が多い
となると、息子の耳には、私が話しかける言葉のみ

でもね、0歳児に話しかける言葉の数なんて微々たるものです
まして、私は子供なんてほっておいても勝手に言葉を覚えるものだ、と思っている

大体、7ケ月くらいまでそういった状況だったと思います
その後
『あれ? うちの子、私が喋らないと言葉がおぼえられないんじゃない!?』
と気がつき絵本の読み聞かせをはじめたり
写真集をみておしゃべりしたり
散歩をしながら、あれこれ話しかけるようにしました

それでも、2歳児検診のときに”言葉の遅れ”に要チェックがはいりました
標準より発語が少なかったんです

このときは、かなりへこみましたね
息子の人生は始まったばかりなのに
『 落第点 』をもらったような気持ちになりました
いろんな言葉に関する本を読みまくりましたが
これ!という手立てもなく・・・
専門医に相談に行こうかどうしようかと思っているうちに

いつの間にか、どんどん言葉がでてきて
お友達の中で一番おしゃべりな坊やになっていきました

どの本で読んだのか忘れましたが
たくさん話かけているのに、なかなか言葉が出ないときは
いろんな言葉ではなく、1つの言葉を多く、聞かせなさい、とありました
ヘレンケラーは『水』という音を言葉であると認識したとき
『水』以外の言葉も、あっという間に習得していきました

同じように最初の1つが、きちんと認識できれば
2つめ、3つめはどんどん早くなっていくようです

また、音だけでなく、実物と照らし合わせて
視覚も使ったほうが理解が進むということで、ついでに
手でさわったり、臭いをかいだり、いろんな感覚をつかい

脳を働かすべく、外遊びを増やして、いっぱい運動したり
そんな幼児期でした

父親が忙しくて、1人で子育てをしている方が多いと聞きます
近所に気の合うママ友をみつけるのも難しい

けれど乳児期の環境はとても大切ですから
とにかく外へ!

最初は大変かもしれませんが

とにかく外に出て、いろいろな世界に触れることをおすすめします045.gif



058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学


みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ






[PR]
by manarin007 | 2010-02-20 19:10 | 英語
AX