いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
ウォーキング・ウィズ・ダイナソーの恐竜は凄い!
2010年 07月 24日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

b0137400_2152661.jpg
ウォーキング・ウィズ・ダイナソーの大阪公演に行ってきました
息子が古代マニアなので絶対行かねば!という使命感にかられ
チケットも数ヶ月前の先行発売の時からゲット!
さて、実際どうだったかレポートしま~す

開演前の会場(大阪城ホール)
b0137400_2155178.jpg
チケット完売ということで、この後、びっちり人で埋め尽くされます

b0137400_21574628.jpg
「早くみたいよ~(息子)」
私たちは前から2列目のVIP席
いやぁ、こんなに高いチケットはいらんと思ったんですが
SHOパパは
「どうせ見るなら最高の状況で!」
という主義なんです(034.gifはぁ~)

ウォーキング・ウィズ・ダイナソーはTV放送からスタートし
オーストラリアでイベント化され、それが人気になって公演が始まりました
15億円もの制作費をかけてつくられた10種の恐竜たちが
最新のテクノロジーによって生きているかのように動き回ります

凄いのは実物大ということと、滑らかな動き、リアルな外観
動くと皮膚が微妙に揺れたり伸縮する作りには、思わずため息です

公演の内容は隕石が衝突し恐竜が絶滅するまでのストーリー仕立てになっていて
とてもわかりやすい

ブラキオサウルスはでかかった

b0137400_2292921.jpg
首の動きが見事だったなぁ

b0137400_2211298.jpg
恐竜といえば、やっぱりこの方ですね
ティラノサウルスは、ガオガオ吼えまくってました~

b0137400_22131718.jpg
低音の響く音響のせいもあり
ティラノサウルスが叫ぶとSHOがびくん!と10センチほど飛び上がっていました(笑)
でも、ベビーティラノサウルスくんの演出のおかげか
会場は和やかな雰囲気に

b0137400_22144769.jpg
「いやぁ、最高のショーだったね」と息子

けっこうこの公演は「いまいちだった」という感想もみかけます
演出の仕方が大人好みといいますか
日本企業だったら絶対やるような子供ウケを狙う演出がなく
解説が多いせいかなと思います

なので単に恐竜が好き~っていう子供を喜ばせるために見に行くには
高いチケットになるかも

けれど実物大でみると思わぬ発見もあります
例えば肉食恐竜は口がカパッ!!とでかいのですが
草食恐竜はとても小さなお口なのね

最初、恐竜がでてくるたびに息子に
「ねえ、これは草食?肉食?」
って聞いていたけどそれに気がついてからは見分けがつくようになりました
(人間もそうなのかな・・肉食が多いと口が発達する?)


公演が終わってから
「触れるともっと良かったのにね」と聞くと
「それよりボクも作りたいなぁ」と息子
「じゃあ、今日でてこなかった古生代を担当する?」
「うわぁ~~~♪」(←妄想中)
なんでこんなに三葉虫やらが好きなのでしょう
涼しくなったら化石発掘の約束をしています
どこがいいかなぁ
おすすめの発掘場所があったら教えてくださいね


みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ



058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学



[PR]
AX