いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
買ったはいいけど使っていない教材ってありますか?
2010年 11月 13日 |
b0137400_11342017.jpg
昨日で、7歳になりました
いつもの友人のレストランで食事をしていると
生クリームの苦手な息子のために
特別仕様のデザートアラカルトを作ってくれました(美味しかった)

なんだか6歳はとても長かったように感じます
あれ? やっと7歳?ってね
あれもこれもと、思い出すといろんな体験があって
非常に充実した1年でした
7歳もいっぱい遊ぼうね^^

======================================

b0137400_11364082.jpg
さて、来月にむけての教材であるママ英語専門学校の制作もちゃくちゃくと進んでいます
マミ~のオリジナルデザインのカードがとても素敵で
ついつい息子といろんな遊びに使っちゃっています

この教材には、英語絵本の内容に関連したアクティビティをつけているんですが
提示されている遊び方以外のやり方で、何パターンにも応用することができ
印刷するやいなや息子に
「見せて、見せて」
とうばわれ、説明する間もなく彼のマイルールで遊びが始まっているといった今日この頃

型にはまった事しか出来ないものではなく
こういった感じで、いろんなことに展開、応用出来るものは
子どもにとっても、魅力的に感じるようです

子どものおもちゃは特にそういった傾向が強いようで
とてもキレイな色のついた子どもの用のおもちゃより
案外、キッチンにある泡だて器とか、ハカリとかのほうが喜んで遊んでたりしませんか

子ども用のボーリングのプラスチックのピンより
本物の瓶を並べたほうが、面白がって倒したりしませんでした?

”このおもちゃはこういった遊びのためのものです”
ときちっと出来上がったものは使いやすいので
親は楽ですし子どものくいつきもいいのですが
遊びがそれ以上ひろがらないため、すぐに飽きてしまいます

自分でルールをつくったり、他のものと関連させて遊びを広げたり
こういったことって昔の遊びでは自然なことでしたが
最近のおもちゃはそういう意識をもって選ばないと、
「あちゃちゃ」
ってことになりかねません

マミ~を見てていつも感じます
「この人って、何にも無くても面白いことを発見するだろうな」って
(※ マミ~ってこんな人

発想っていうのか、着眼点っていうのか
とにかくよくわかりませんが、物をみる視点と思考力がずば抜けている?

そんなマミ~のエッセンスがつまった教材がチルドレン大学なわけですが
チル大を受講して良かったなぁと思えることの1つに

「買って使ってなかった教材をつかいこなせるようになった」
でもって
「そもそも、使えないような教材を買わなくなった」
ということ

昔の私は提示されたとおりの使い方しかできなかったので
子どもが全然、興味をしめさなかった場合、そのまま押入れにしまい込み
「これなら、いけるかな?」
と新たなる教材を買い求め続けるという
さまよい人になりかけてたんですね(爆)

教材に使われるのではなくて
自分でアレンジする力さえあれば
こういったことは全て解消するどころか
わざわざ市販の教材を購入する必要さえなくなるかも

と、教材を制作している私が言うのもなんですが 027.gif

子育て中のお母さんが使える時間というのは本当に僅かなものと思います
そこをなんとか出来るように、お手伝いができるよう
頑張って開発してますので、楽しみにしていてくださいね 029.gif



058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学




[PR]
AX