いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
カテゴリ:知育( 69 )
|
子どもが大人になったとき・・・今、必要な事
2011年 01月 28日 |

UFO発見!?
b0137400_9291967.jpg
ではなくて、これは↑NASAが発表した飛行機のコンセプトデザイン
他にも、何これ?
と今までの飛行機の概念が吹き飛ぶようなデザインがぞ~ろぞろ
(NASA Unveils the Future of Planes)

NASAでは、今までの概念では考えられないような航空機を
2025年までに開発することを明らかにしていて
エネルギー効率を重視した航空機を開発することを目標としているようです


未来の乗り物を検索すると
まるでSF映画の世界
技術の発達により今まで不可能だったことが実現可能になってきたんですね


せんじつ、たまたまTVで見た世界最大の豪華客船
「Oasis Of The Seas」はご存知でしょうか?
これまた、「ここまでやる!?」の世界

リゾートホテルと見まごうばかりの映像ですが
すべてOasis Of The Seasなんです027.gif



世界最大ということで注目をあつめていますが
オーナーサイド曰く

「我々は大きな船をつくることを目的としたのではなく
 欲しいものを作ったらこうなったんだ」


そういえば息子が3歳の頃
飛行場に行くのが好きで、デッキで飛行機をみていたとき
私が何気なく
「SHOくんはどんな飛行機に乗りたい?」
といって絵を書いてもらったことがあるんです

出来上がったのは3階フロアーもある大きな飛行機
現実的には大型旅客機の数が減っていてコンパクト傾向があったので
子どもの発想って面白いな~と思いつつ
「この飛行機なんて名前にする?」って聞くと

「Air Home!!」

と即答
たしかにデザインにピッタンコ!

その後、2007年、シンガポール航空から空飛ぶ6星ホテルといわれる
エアバスA380が就航したとき息子の欲しい飛行機とシンクロしていたのでビックリ!

この飛行機はそれまで最大だったボーイング747を抜き
民間機として史上最大・世界最大の航空機となりました
座席はゆったりしているし、シャワー室まであるんですよ!


私が育ってきた世代の物は、
”効率が良い”というコンセプトの元に開発されたものが多いように感じます
それはユーザーに対してだけでなく生産する上で
いかに低コストの予算で大量生産が出来るか
といった点にフォーカスされていました

ところが、その後、デザイン性などが重視されるようになり
徐々に、ユーザー目線で良いと思われるものや
地球環境に優しいものというふうに変化がおこってきています

つまり、その時代の人の心理状況が物にも反映されていて
心と頭でイメージしたものが空想のままではなく
現実化しやすくなってきたように思います


今ある世界は、過去だれが何を思ったかでつくられています
とすると、これからの未来の姿は
子どもたちが、何を望むかで大きく変わる、としたら
今、子育て中の保護者の方の心の在り方が非常に重要となってくるのです

これは今まで、何度も何度も書いてきたことですが
敢えてもう1度書かせていただきます

子どもの環境は保護者が用意したものでつくられます
住む場所、日用品や食事、習い事、生活習慣、など、そうですよね?

これらを選ぶのは、直接子育てにかかわっている保護者の方なのですから
その方の判断が、つまり何を思って日々生活をしているかという
「心の在り方」で子どもの環境は大きく変わってきます

私は、子どもは生まれながらにそれぞれ素晴らしい能力を持ていると確信しています
そして、その能力が育っていくか、いかないかは
環境に大きく左右されると思っています
(参考:内側に秘めた可能性を引き出す - トマトの巨木と幼児教育


また、外からの情報や自分のエゴや見栄にまどわされることなく
子ども自身をまっすぐ見つめることが出来れば
今、何が必要なのか、何をすればいいのか
おのずと示されるという現象を何度も経験してきました

子どものために、あれこれやってあげたい事はたくさんあります
けれど結局は、それは「自分がやりたいこと」であって
子どもに本当に必要な事は、いつも子どもが教えてくれている、と感じます

これまでの文章を抽象的で真意をとらえにくいと感じられましたら
是非、ランディー由紀子さんの記事をご覧ください
更に、抽象度が高いかもしれませんが042.gif
何か感じるものがありましたら、それが今自分にとって必要なことなんだと思います

こちら >> 続・学力は全米トップ0.1% 秘訣は読み聞かせ






[PR]
by manarin007 | 2011-01-28 09:39 | 知育
子どもの疑問が知的好奇心に変わる時
2011年 01月 25日 |
b0137400_102826100.jpg
↑アトリエでの造形作品
発砲スチロールをスチロールカッターという糸のこみたいな道具で
カットしたりギザギザをつけてデザインしていきます
最後に組み合わせて大きな三角に(8個の小さな三角を使用)
まるで氷山みたい

氷山といえばこの間、面白いことが・・・045.gif
息子が「お母さ~ん、このカップ貸して」
といって何かを作り始めました
プラスチックのカップにオレンジジュースを入れ
冷凍庫に保存?

「カチカチになる前に、取り出したらゼリーになるよね♪」
ぷぷぷ、いやぁ、それはちょっと・・・と思いつつ
「どうなるかなぁ」
とそのままにしてみました

・・・数時間後

「ゼリー♪ ゼリー♪
 あれ~? 固まりすぎちゃった

(ひゃはは)笑いたいけど、じっと我慢 027.gif

「ちょっとあっためてたら、いいかなぁ・・・」
と、そのまま室温で解凍する息子

言いたいことは、いっぱいあるけど、じっと我慢 027.gif

・・・やがて

凍ったオレンジジュースは、ゼリーにはならず
本来のオレンジジュースに戻ったのでした

「あ~ぁ、ダメだったね」(by 息子)

ここで、ついに我慢できず
「ジュースだけじゃなくて、何かを混ぜないといけないかもね」
と口をはさむ私

「じゃあ、ノリ(工作用)も入れる?」
「(たしかにドロンってなりそうだけど)、ノリは食べられる?」

「じゃあ、とろろ」
(たしかに、ドロドロ027.gif

ここで、粉末ゼラチンを取り出し
「ゼラチンを入れるのよ~」
と、一緒にゼリーを作りました

参考:みかんの缶詰ゼリーの作り方

ゼリーをつくるだけで、大騒ぎで半日もかかりましたが
子どもが自主的に何かを始めた時は

じっと我慢

で口をはさまないようにすると
思いもよらないような面白いことをやりだすので、なかなかに興味深いです004.gif

先日、小学校に行った時、ホールに置いてあったチラシに
「見守って大きく育てよう、知的好奇心の種」
という記事がありました

「知的好奇心は学びの源」
ほんとうにそうですね、
子どもの世界は「なぜ?」でいっぱい

それをなげかけられたときにどう受け止めるかで、
「もっと知りたい」 にもなれば
「あぁ、そう」 で終わってしまうこともあります

小さなことですが、例えば、この間、息子が
「徳川家康って130歳くらいまで生きてたんじゃない?」
と言い出しました
「え~、なんで?」
って聞くと
「だってさ、3つの時代を生きていたんでしょ(室町、安土桃山、江戸時代)
 かなり長生きなんだと思うんだ」

(130歳だったらバケモノでしょう、という言葉をぐっとこらえ)

「じゃあ、調べてみよう」
と日本の歴史図鑑で調べ、ついでに家康の寿命を調べただけでは終わらず
じゃあ、秀吉の寿命は何歳だったのか
信長はどうだったのか、関連情報も見ていきました

ちなみに家康は何歳まで生きたのかというと・・・


ためしに調べてみてね034.gif


小学校にあったチラシに話はもどり
「データから見える知的好奇心」
という項目に

「保護者の子どもへの働きかけと子どもの学力の関係」

というグラフがありまして、
学力上位層の保護者が一番多くやっていた取り組みは

なんだと思います?
塾?
プリント?

なんと、1位は

子どもに色々な体験の機会をつくるよう意識している

そして

2位は、「ニュースや新聞記事について子どもと話す」

3位、「家に本がたくさんある」

4位、「博物館や美術館に連れて行く」

(出典:お茶の水女子大教育開発センター「教育格差の発生・解消に関する調査研究報告書」)
 ※1~3位までは同じくらいのパーセンテージです(複数選択制)

つまり、どんな教材を使ったかとか、塾に行ったかという事ではなく
家庭内で日々、どうかかわっているかで差がつくという統計が出ているんですね

これは、こういうふうに書くと↑ 「当たり前のこと」と思いますが
それを実際にやっているのとやってないのとでは、大きく違いが出るようです

我が家でも、今何気にやっていることが
この先、どうつながっていくのかはわかりませんが
好奇心と探求心は確実に育っているなと感じているこの頃です
あ、ユーモアは特にバッチリ(これははずせない045.gif

とはいえ、家庭内で、どうかかわったらいいのかわからないから
塾や習い事のお世話になっているんじゃない?
という方も多いことと思います

私だってそうでした
特に乳幼児期に、まだ会話が成り立たず
興味があちこちに移り、何かに集中するなんてことが出来なかったとき
さて、今日一日どう過ごそうと思った時期がありましたが
やはり、私の子育てに大きく影響を与え
今でも、強い指針となっているのはチルドレン大学での学びだったと思います

子育て中のお母さんは何らかの悩み事をかかえています
なんとかしたくて子育て本を読み、講演会にでかけ
ヒントとなる情報を探しまわっている

けれど、解決の答えは外にはない
それは自分の中にある
そのことに、このブログがきっかけとなってきづいていただけたら嬉しいです




[PR]
by manarin007 | 2011-01-25 10:28 | 知育
私たちを取り巻く化学
2011年 01月 14日 |
b0137400_20173388.jpg
キュリー夫人がノーベル化学賞を受賞してから100年にあたる今年は
「世界化学年」とされています(国連総会で決定されました)

私は学生の頃、化学は大のニガテ~~002.gif
けれど、今朝の朝小新聞に

「化学とは”物”とは何かを探求する学問です。
 みなさんの身の回りにあるものが、何からできていて
 どういった性質をもっていて、どう作ったらよいのかを
 明らかにする学問なのです。」

とわかりやすく紹介されていて
あぁ、それなら生活の中に生かされている学問なんだなと
急に親しみのあるものに変わりました045.gif

各地で化学実験のイベントも多くなるようなので
チェックしてみよっと
参考:世界化学年日本委員会のサイト


物質の構成をイメージすると、私はいつも大きな輪が浮かんできます
物質は元素の組み合わせで形成されます
私たち人間も元素の組み合わせなわけで
ブロックを組み替えるように他の元素と組み合わすことで
別の物質になるんですね

元素の量は地球(大きな意味では宇宙)全体で決まっていて
元素は常にリサイクルされながら色々な物が作られています

天体が衝突するとか、核爆弾が起こるとか
莫大なエネルギーが起こらないかぎり元素をつくりかえることは不可能といわれています

この何十億年もの間、地球の元素に大きな変化はなく
繰り返し繰り返し物質を構成するためにリサイクルされている・・・ということは
今、自分を構成している元素は、いったいどこからやってきたのでしょう?

だんだんマニアな話になってきましたが
もう少しお付き合いください042.gif

栄養は体内で合成出来るものもありますが
元素は体の中でつくられるわけではなく
飲食など、何らかの形で体に取り込んだものなのです

そうやって地球全体で元素をグルグル、グルグル回していくことで
命は存在し活動をしているのです

普段生活をしていると、自分と自分以外の人(物)というふうに切り離されていますが
単に今、そうなっているだけで
以前は同じ物質を構成している元素チームだったかもしれません
何十億年もリサイクルを繰り返している地球からみれば
それこそ、みんな一緒で、あなたと私といった区別などないでしょう

そう考えると近所の口うるさいオバチャンにも
親しみがわいてくる


...なんてことは無いか 034.gif


さてこのグルグル、グルグルまわっているものは
元素だけでは無い、と私は思うわけです

「情けは人の為ならず」
(情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくる)
という、ことわざがあります

これは日本だけではなく、他の多くの言語にもこれに相当する語が存在し
世界的にも人間がすべき道義の一つとして、この教訓が広まっているものとされています

私も日々、この教訓を実感するときがあります
例えば、私は大阪でオフ会を主催していますが
1回めのとき、物凄いエネルギー消費で
海外旅行にいったあとみたいにフニャフニャになりました

けれど2回目やってみると今度は逆にエネルギー満タン
3回目はもらったエネルギーをお返ししようと意識してみたら
これまた出した以上のものをいただき更に嬉しくなってしまいました001.gif

家でも同じです
「子どもはちらかしてばかり、旦那さんは手伝ってくれない
なんで私ばかり!?」
なんてグチグチやっていると、どんどんストレスが大きくなりますが
「家族みんなが健康で、こうやって働けるって幸せ」
と気持ちを切り替えると
なぜだかみんなが積極的に手伝ってくれるようになった
なんて経験はありませんか?


自分がおこしたアクションはいづれ自分に返ってくる
出したエネルギーは巡りめぐって返ってくる

そう考えると、自分の在り方が大切なんだなって思えてくるのでした


振り返ってみると、私ってば前にも同じような事を書いてるわ027.gif

(過去記事)
 1年前とはちがいすぎる!
 人から人へ

 


[PR]
by manarin007 | 2011-01-14 20:11 | 知育
算数を探しに行こう!
2010年 12月 30日 |

b0137400_10252573.jpg
あと1日で今年も終わりですね、皆様はいかがおすごしですか?
息子の冬休みの宿題は夏休みに比べると少ないようですが
ひとつ面白い課題があって
「昔の遊びを覚えて3学期に発表すること」
丁度お正月に、おじちゃん、おばあちゃんに会うし、なかなか良い宿題ですね

図書館もお正月休みになるので
いつもより借りられる数も期間も多く、どっちゃり借りてきました
その中から1冊、紹介します

「算数」を探しに行こう!―「式」や「計算」のしくみがわかる5つの物語
石原 きよたか 沢田 としき
4925140051


小学校中学年~くらいからの内容ですが
お母さんが読み聞かせをするなら、低学年からでも読めそうな
算数をテーマにした物語の本です

十進法、面積、円周、比例、確率などにまつわる5つのお話で構成されていて
主人公が人生の苦境にたったときや難問をつきつけられたときに
どうすれば解決できるのか?
と知恵を絞り、体験をとおして算数の概念をあみだしていくというフィクションになっています

「算数や数学の発見は、必ず何か具体的な状況の中で生まれてきたはずですが
学校で学ぶとき、ともするとそうした状況とは切り離された、
もっぱら抽象的な課題として与えられることが多い。
こうしたことが、学ぶ意義を失わせ、勉強意欲をそぐ一因となっているかもしれません」
                                      ― あとがきより抜粋

算数の概念は生活の中でお喋りをしながら体験し関連付けられるといいと思いますが
なかなか、そういった工夫をしづらい事もあるかと思います
こういった書籍は、そんなときのヒントにされるといいかなと思いました
体験で獲得する算数の概念は、子供自身でどんどん応用していけるようです

・数を数える
・長さを測る、量る
・大きさ、量を比べる

私はこういったことを遊びながらやっていました
子供にとって、体験をともなう学びは楽しい遊びにもなるんですね

前回の記事で「遊ぶこと」は非常に大切であることを書かせていただきましたが
遊びといっても、単にそのときだけ愉快に面白おかしく時間を過ごすという意味ではなく
自分の興味の赴くままに、動き、発見し、創造し、集中する活動を指しています

市販の作り込まれた玩具は、子供を興味を促し
手軽に夢中になれるものが多いのですが
作り込まれている分、アレンジがしづらく、すぐに飽きられてしまいますし
子供の創造力を停滞させる一因ともなりかねません

子供の時期に一番多くの時間を費やしてほしいと思うのは「外遊び」
それも年齢がさまざまな子のグループだと更にいいですね001.gif
なかなか外遊びがしづらい季節、環境でもあるので
そういったときは、トランプやすごろくなどで
冬休みをレトロにすごしてみませんか045.gif




058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学



[PR]
by manarin007 | 2010-12-30 10:30 | 知育
子どもが本を手に取るリビング
2010年 12月 21日 |
もうすぐ歳の暮れ
今年も大掃除は小掃除になりそうな我が家です027.gif
ふと気が付くと、また床に本の塔が出来ていたので
整理をしつつ、今日は我が家の本棚レイアウトを紹介してみようと思いました

というのも私自身が本好きということもあり
家には凄い量の本があります
これをどういうふうに整理すれば
快適になるのか、読みやすくなるのか、と本棚を買い足し整理した結果
今のレイアウトはバッチリ理想に近くなったのです

まず今年4月に小学校にあがった息子の勉強スペースを
リビングに設けました
それに伴い、辞書や専門書などちょっと調べてみようかな、というジャンルの本を
机のすぐ横の本棚に収納

b0137400_8264543.jpg
そしてその隣の扉付きの本棚には
がっつり調べものが出来る図鑑やら情報本を配置
扉がある本棚は部屋の印象がスッキリしますが
出し入れが面倒になってくるので
息子の大好き系のものをメインに入れています

b0137400_827235.jpg
そして私がリビングに必ず置きたかったのがコレ
洋書専用の本棚

b0137400_8271668.jpg
ペーパーバックが多いのでバラけないように
横スライドのガラス扉にしています
このスライド式は思った以上に使い勝手がよく
普段は開けっ放しにできるので出し入れしやすい
そしてお客さんがきたら閉じリビングの景観をそこねないように出来ます

リビングにはこの3本の本棚を置き
下部の棚が子ども用
上部が大人用の本を置いてみんなで使っています

リビングの横の和室にはゴロゴロしながら読めるように
月刊誌やら言葉遊び・科学もの系の本
and 長め文章の英語絵本

寝室の本棚には寝る前に読むのに使う
物語系のものを置いています

配置がきまっていると整理がしやすく
生活スタイルに合わせて配置しているので
あちこちに本を持って移動することが減り
ずいぶんスッキリしました

また息子も、私の思惑どおり
リビングで本を手に取ることが多くなり
調べ物系を中心に置いているおかげで
会話やビデオででてきた内容を本で確認することができます038.gif

せっかく買った本ですから
本棚に眠らせておかずにボロボロになるまで利用していきたいな

======================================================

昨日、チルドレン大学付属ママ英語専門学校
受講生専用サイトであるラーニングセンターに
私も、利用者登録してみました

いろんな方の自己紹介を読むうちに凄く楽しそうで
参加したくなってしまったのです(笑)
宜しくお願いしますね~♪


 オンラインで学ぶ英語絵本「チルドレン大学付属ママ英語専門学校」



[PR]
by manarin007 | 2010-12-21 08:27 | 知育
タンブルブックスを使ってお勉強チックな取り組みをやってみた
2010年 12月 19日 |

英語本.comに登録するとログイン用のIDとパスワードがもらえ利用ができるタンブルブックス
絵本だけでなく、児童書やノンフィクションも視聴でき
190冊以上あるので簡単なレベルから読み進めていくと
かなりの読書量になります

Wonderful Wizard of Ozなんて視聴時間がなんと4時間!
そのうち挑戦したみた~い(ブックマークで続きから読めます)


きょうはその中から
ノンフィクションの絵本を選んでみました
「Animals Black And White」

b0137400_1721942.jpg
タンブルブックスサイトで動画を見る

白黒の生き物の体の一部が大きく表示され
ヒントをたよりに、何の動物か考えるといった流れです
日本の絵本にも、これに似たコンセプトのものがありますね

そのまま読むだけでも、エデュケーショナルな取り組みにつなげやすいのが
ノンフィクションの利点です
うちの息子のように、じっと黙ってお話を聞くのがニガテなタイプは
逆に、こういったやり取りをしながら話をすすめていくと
ものすごい興味と集中力をみせるんですよ

我が家の場合、いきなり絵本を見せずに最初にまず質問
「体の色が白と黒の生き物ってなにがいるかな?」
「シマウマ!」
と言ったあと、あとが続かない息子
幼稚園時代より頭が固くなってるね
「ホワイトタイガー!」
(え~、白黒だよ)

そんなこんなで白黒をイメージしてもらってから絵本スタート
途中で止めて、ヒントとイラストを手掛かりに考えます

全部で7種の生き物が紹介されていて
生息地やそれぞれの特徴が解説されます
英語音声もゆっくり、ハッキリなのでわかりやすい

ひととおり見終わったあとは、生息地を調べるもよし
でてきた生き物の単語をおさらいするもよし

私は再度、息子に質問
「なんで白黒なんだろうね?」

この理由をネットで調べてみるとなかなかおもしろかった
でも、そういった本当の理由はおいといて
子供なりに考えた返答のほうがより面白いので
ぜひ、お試しください

(息子の回答):
「だってさ、それはさ、1色より2色のほうがいいよ!」
なんじゃそりゃ027.gif
「なんで? じゃあ3色だったら?」
この会話はまだまだ続きますが、キリがないのでこのへんで・・・


同じ著者の別の作品もタンブルブックスで視聴できます
「Animals in Camouflage」

b0137400_17212714.jpg
タンブルブックスサイトで動画を見る

こっちは、少しだけ英語レベルが上になります
生息する環境に応じた色や形の生き物たちを
イラストとヒントを手掛かりに考えるといった流れ
結構、マニアックな昆虫も出てきますが
こちらはイラストで見るだけでなくネットで写真を探してみてみると
「こんな生き物がいるんだ!」
って、より興味が増すと思います

こういった会話は随分前からやっていますが
絵本をネタにして色んなことに話を広げるといったことを続けてみると
やがて、ひとつの物事を多面的に見たり考える習慣がついてきたように感じます

また、自分の考えを表現することが日常になっているのと
意見を言ったあと、何でそう思ったのかという理由をつけくわえるということを
いつの間にか、するようになっていました

読み聞かせのたびにしなくてもいいので
たまに時間のあるときにじっくり本の内容を掘り下げていくと
色んな発見ができると思います

そういった対話がニガテな方は
チルドレン大学付属ママ英語専門学校を利用してみてください

この教材には絵本の内容に沿ったアクティビティやクリティカルシンキング、
対話の知識のストック&和書情報などが盛り込まれたコンテンツが
12冊ぶんの絵本に対してついてきます

これらをひととおり、取り組んでいくことで
他の絵本についても自分自身でどうやっていったらいいのか考えられる
コツがつかめるのではないかと思います

発売特価キャンペーンは24日までですのでお見逃しなく058.gif


(関連記事)
  考えをまとめる力に課題が残る子どもの学力
  


[PR]
by manarin007 | 2010-12-19 19:45 | 知育
毎日たくさんの不思議に出会っている子供たちに
2010年 10月 23日 |

最近のお気に入り科学本を紹介します
「The Super Science Book」

「科学」と聞くとなんだか難しそうで
おまけに英語!ときたら手に取るのに躊躇してしまいますが
まるで遊園地のようにワクワクのしかけ絵本なんです♪

b0137400_94258.jpg
全ページに細かいしかけや説明が入っていて素晴らしい!
これは電気についてのページ

b0137400_9422867.jpg
表だけでなく

b0137400_942439.jpg
裏面にも、実に細かな書き込みが!
また、覗きこまないとわからないようなフリップの裏の奥にも
書き込みがあります

b0137400_943244.jpg
ページごとにテーマが異なり
化学や力学などあらゆる科学の概念が含まれています
立体で表現されているので、よりわかりやすく
息子も宝探しをするかのように、すごい集中力で本を眺めていました
(28日の大阪オフ会に持っていきますね)


かつて私は科学は学問上のものであって
自分には関係のない事と思っていましたが
息子が生まれ、彼と日常の風景に意識を向けていく中で
私たちの世界そのものが科学なんだと気が付いたのです

いつも目にしている風景、そして私たち自身の中にも
科学の概念は存在するのです

息子が0歳から幼稚園に入るまで
毎日毎日、長時間さんぽに出かけました
通る道は大体同じだったので
空の風景、道端の花の様子、季節ごとに変化する木々など
いつもいつも同じ話をしていたように思います

空があって雲があって、
それはいつもと変わらない風景ですが

「今日の雲は甘くて暖かな感じだね」
「今日のお空は笑っているような青だね」

息子は喋れるようになると、
いろんな表現で私を楽しませてくれるようになりました
月が出たといっては眺め、夕焼けの色に大騒ぎし
そんな中で、いろんな疑問をもつようになっていったのです

「空はどこまで空なの?」
「水は透明なのにどうして見えるの?」

こんな質問を聞くたびに
子供は誰しも生まれながらの科学者なんだな、と感じるのです

ここ数年、科学離れを改善しようと
面白い科学実験イベントなどが多くなってきましたが
そういった準備されたものから学ぶよりも
自分が今までもっていた疑問の答えが
科学の概念を知ることでつながり
さらに深く理解できるようになるのではないかと思うのです

そして、もし乳幼児期にまるっきり自然から切り離された生活を送っていたとしたら
物事を観察したり発見したり
そして知るということが楽しいと感じられるのかどうか?
合成のものばかりの食事が健康を損なうように
自然からかけ離れた環境は本来の成長を歪めてしまうのではないか、と懸念します


さて最後に、もう少し科学本のご紹介をば
息子が年長さんのときに読んだシリーズ

いのちのはじまり
柳澤 桂子 朝倉 まり
400115286X

「お母さんが話してくれた生命の歴史」という4冊シリーズ
わかりやすいイラストで、やわらかな文章ですが
じつにキッチリ解説してくれています
中でも1と4冊目はおすすめです^^

こちらは、おなじみのかこさとしさん

大きな大きなせかい―ヒトから惑星・銀河・宇宙まで
かこ さとし
4034372109

この本を借りるときは
「小さな小さなせかい」もぜひ一緒に見てくださいね
チルドレン大学のVol.26の学びの補足資料にピッタンコだと思います045.gif

=================================

「日々のできごと」

昨日、腰痛体操というものをやってみたら
今朝になって背中の筋がめちゃ痛くなり
前かがみになるとズキン!
くしゃみをするとズキン!
ちょっとハリキリすぎたかしら・・・



058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学




[PR]
by manarin007 | 2010-10-23 00:17 | 知育
歴史を学ぶのに良い映像ってあるのかな
2010年 10月 16日 |
b0137400_1519988.jpg
昨今、歴史についての書籍は子供用からマニア向けまで、山ほどありますが
映像はあるのかなぁ、と思い色々検索してみました

けれど、なかなか思うようなものは見つかりません
NHKの映像は歴史の、ある一部分にフォーカスしたものが多く
歴史の初期から現代まで、時代の流れにそったシリーズとなっているものは
意外に無いんですね

アニメの日本の歴史シリーズはみつけましたが
DVDの販売は無し
どなたか、おすすめのものがありましたら
是非、教えてください!


そんなこんなでネットサーフィンしていると
何やら戦国武将ものの番組で
やけに人気の高い動画を発見!

「戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~」(オフシャルサイト)
バラエティ番組なので、すんごくふざけた構成なんですが
織田信長や上杉謙信、武田信玄といった超有名武将からマイナー武将まで
歴史上のありとあらゆる人物にスポットを浴びせ
有名な戦を現代風にアレンジしたコントで紹介してくれます

バカバカしいコントとものすごくきっちりとした解説のコントラストがたまりません
歴史を詳しく知っている人ほどツボにはまりますよ003.gif


秀吉VS明智を青春ドラマ風仕立て↓




でも、これは子供には見せられないわ~
全然ちがう歴史のとらえ方をされそう
なんせ織田信長がおかまバーのママをやってたりするんですから




058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学



[PR]
by manarin007 | 2010-10-16 07:35 | 知育
映画と本をリンクして楽しむ♪
2010年 10月 06日 |
さいきんの寝る前の本はこれ
チキチキバンバン〈1〉チキチキバンバンはまほうの車
イアン フレミング ジョン バーニンガム
4751526014

イアン・フレミングは007シリーズの原作者です
奇想天外な冒険物語を書くのが得意な作者ということで
はりきって読み始めましたが、うひゃ~読みにくゥ!!

なんていうか言葉の言い回しが、もってまわってやたら長ったらしい
これが英文ならさっぱり理解できないです
漢字も多いのですが

b0137400_1446273.jpg
イラストがジョン・バーニンガムということで
たまにいかにも彼っぽいイラストがはいり
雰囲気を盛り上げてくれています

b0137400_14462885.jpg
読みにくいなぁ、と思いつつも息子が大層気に入っているので
2巻目も借りてきました(3巻まで続いています)
 (※私が読んだのは渡辺茂男さん訳です。新刊のこだまともこさん訳はわかりやすいようです)

そもそもこの本を読んでみようと思ったのは
映画の「チキチキバンバン」をたまたま見てしまい
かなりハマってしまったのです
これね↓



車が船になったり飛行機になったりという
いかにも息子好みのハチャメチャストーリー

ただビデオだと派手なシーンに目がいき
「楽しい~♪」
だけで終わってしまうのですが
本でストーリーを追っかけて行くと、心理描写が細かく表現されていて
また違った感情移入ができ、イメージも膨らむようです


テレビといえば、子供の視聴時間が長くなるのが気になる
という悩みを聞くことが多いのですが
うちの場合、かなりきっちり時間を切ってみています
この映画も145分もあるので一気に全部見るのではなく
何日かに分けて見ました

マミ~の最近のブログ記事で躾について書かれていましたが
>> 子は親の鏡

私もおばさんなので、うなづきっぱなし045.gif
愛情を持って”叱る”ことで、親子の絆は深まるんだなって感じます
乳幼児の頃は、”怒ってしまう”自分をせめることも、多々ありましたが
それも、”叱る”ことと”怒る”ことの違いを知るのに必要な経験だったと思います

子供が自分自身を映し出している鏡だとしたら
直視するのは非常に勇気がいるかもしれません
けれど、世間の情報に手掛かりを求めるよりも
自分が変われる最短の道でもあるんですね

さ、私も出来る事からがんばるぞ~056.gif

===================================

教材を買っても上手く使えなくて・・・
子育てにストレスを感じています・・
情報が多すぎて迷いがち・・・

いろんな方が受講されているチルドレン大学が
秋のキャンペーン開催中!
キャンペーンならではの入校特典や
500円でチルドレン大学の取り組みがお試しできるプランもあります

キャンペーンは10月14日までです

058.gif 10月キャンペーンの詳細はこちら
  >> http://eigobon.com/childrensuniversity/2010aki.html

055.gif ご質問もお気軽にどうぞ
  >> http://chirudai.exblog.jp/8485070/



[PR]
by manarin007 | 2010-10-06 14:46 | 知育
子供の感性UPに日用品もフル活用
2010年 10月 02日 |
b0137400_10144459.jpg
せんじつ「江戸切子」のグラスをいただきました
非常に細かい文様とモダンなデザインに思わずカメラをかまえちゃいました
切子といえば薩摩切子も有名ですね

b0137400_15223348.jpg
現物があるついでに息子にお話してあげようと
切子についてググってみました

江戸切子と薩摩切子の大きな違いは”付着している色の厚み”
薩摩切子は付着している色の厚みが2~3ミリで淡い感じですが
江戸切子は1ミリを切る ほどに薄く作られていて鮮やかな感じ
また、カットの仕方も「江戸切子」はシャープなのが多いとか

 薩摩切子についてはNHK大河ドラマで有名な篤姫の養父
 薩摩藩主・島津斉彬の活躍ぶりも合わせて語りたいものです
 (個人的にこの殿様のファンです♪)



硝子は地域によって特徴のちがいが大きく非常に興味深い027.gif
沖縄の、ぼってりとした琉球ガラスはなんともいえない力強さがあります
北海道の北一硝子で購入したこのお猪口はお気に入りのひとつ

b0137400_10183771.jpg
お酒をいれると、まるで電気がともったかのように
ガラスの色がより鮮やかに!

b0137400_10185329.jpg
子供にみせると大はしゃぎします

また、酒飲みの間では常識となっていますが
入れ物の素材によって味が変わんですよ

研ぎ澄まされた大吟醸は
やはりシャープで繊細な薄いガラスのもの
こっくりうま味のある純米酒なら
素朴な陶器で味わいたいものです

素材と言えばお料理も器の素材によって
味わい方がかなり変わると思いませんか?
私も普段はこんな感じのカフェっぽい器をつかっていますが

b0137400_10192073.jpg
たまに、こういった木製の器を使ってみると
野菜などの自然の味が引き立つように感じます

b0137400_10193641.jpg



また、高校の美術で習ったのですが、入れ物の素材だけでなく
デザインによっても印象が変わるのです

四角のコップ、細く小さなコップ、広くてまるいコップ
もし三角のコップもありましたら、ぜひ試してみてください

これは何かをデザインするときに知っておくと
そのものがもつイメージを上手く演出できるそうです
美術品などだけでなく、女性がメイクをするときにも
どう形どるかで相手に与える印象が変わるということで
取り入れられている要素です

けれど、そんな理屈っぽく学ぶより
ジュースをいろんな形や素材の入れ物で飲んでみれば
子供の柔らかな感性なら自然にキャッチしていけるんじゃないかな
いつも同じものばかりでなく
この飲み物にはどれが一番ベストか子供と探索するのは楽しいばかりでなく
器のもつ歴史や背景をとおして
いろいろなドラマを知ることもできます

たとえば先日、息子にこの2枚のお皿を見せました
このとき

b0137400_10195595.jpg
「左がロイヤルコペンハーゲンで右が伊万里よ」
と説明しても

「う~ん、いい仕事してますね」

なんてことは、もちろん言ってはくれません045.gif
あっそう、なんて顔でシラ~とされてしまいます
それより

「左がデンマークで右が日本のお皿よ」

という説明にすると
「そう?でもちょっと似てるね」
「そうよね、じつは・・・」

と、ロイヤルコペンハーゲンは世界的に有名なメーカーだけど
日本の有田焼の影響を強く受けていて・・・

という話につなげていくことができたので
さらに、日本の伝統文化には外国が非常に興味を示す
素晴らしいものがあることなどを喋ってみました
マイセンも持っているとさらに比較が出来て面白くなったのですが無くて残念
(初期のマイセンも有田焼の影響をうけています)

私がこういったものに興味がでてきたのは
鹿児島の美術館で白薩摩に出会ってからです

b0137400_10232328.jpg
まるでヴェルサイユ宮殿にあるかのような
精巧で豪華な品々に、これが日本の職人さんが作ったものなの?
と、驚きと誇らしさでいっぱいになりました
本当に素晴らしいのです!

 「白薩摩」には幕末のパリ万博に、薩摩藩が幕府を向こうにまわして
 単独出品したというエピソードがあります。
 欧米の人々は、中国の陶磁器に劣らぬ芸術性の高い薩摩焼に夢中になり世界の注目を浴びたそうです。


おっと、あぶない
つい自分の世界に入りそうになりました
話をもどします

前記事で数に日常の中で慣れ親しむ、といったことを紹介しましたが
日常使っている物に意識をむけると、そこからもいろんな事を
広げていけると思います

ブランドにこだわるという話ではなく
100円ショップと300円ショップのお皿のちがいでもいいんです
モンテッソーリの感覚教具のように
色・素材・形、さまざまなものを手にとって試してみると
子供の感性はずいぶん伸びていくんじゃないかな
特に食器は毎日、扱うものですから
試してみる価値大です 045.gif

===================================

教材を買っても上手く使えなくて・・・
子育てにストレスを感じています・・
情報が多すぎて迷いがち・・・

いろんな方が受講されているチルドレン大学が
秋のキャンペーン開催中!
キャンペーンならではの入校特典や
500円でチルドレン大学の取り組みがお試しできるプランもあります

キャンペーンは10月14日までです

058.gif 10月キャンペーンの詳細はこちら
  >> http://eigobon.com/childrensuniversity/2010aki.html

055.gif ご質問もお気軽にどうぞ
  >> http://chirudai.exblog.jp/8485070/




[PR]
by manarin007 | 2010-10-02 11:08 | 知育
AX