いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
1年前とはちがいすぎる!
2008年 12月 31日 |
人気ブログランキング にほんブログ村
b0137400_9303369.jpg
2歳のお正月(2006年撮影):この頃はクセッ毛だったのね


怒涛の1年がすぎようとしています
こんなに変化にとんだ歳はなかったのでは?
というくらい・・・

去年とくらべて一番ちがうことは
『人とのかかわりあい』
私は、”自分でなんでもできる、人にはたよらない”ことが
かっこいい生き方だと思っていましたしずっとそうしてきました

たとえ無人島に一人ぼっちになっても寂しくはないし
むしろ自分事のみを追求でき楽しいのではないかと思うくらい
一人の時間をこよなく愛するタイプだったんです

けれど子供の出産とともに、自分のポリシーはすべて無くなり
直感にしたがって動いていくうちに
新しい自分に出会えました

そのすべてを受け入れることで心の奥深~いところで
ポカポカした、炬燵のような居心地の良さと平和と安心を感じるのです

今年をひとことで言うなら

『 出会いは宝 』

私にかかわってくださった方すべてに感謝します
ブログを見にきてくださった方からもたくさんのエネルギーをいただきました

人生は
自分をいかに高め向上することができるか、
がテーマだと思っていました

けれど、いまは

その活力源は『人』であること
自分以外のだれかのおかげで自分は前にすすめるのだと
極端にいうなら、草や木や空気やすべてのものの存在のおかげで
自分であることができるのだと感じます

すべての人に愛と平和がおとずれますように
地球が愛でつつまれますように

感謝をこめて

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

(今日のできごと)
息子がポロリとつぶやいた
『感動しても涙ってでてくるんだよ
それはね、やさしい涙なんだ』

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



emoticon-0157-sun.gif 2週間お試しチルドレン大学サイトがリニューアル!!覗いてみて♪

ランキング参加中! クリックをいただけると励みになります よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

人気ブログランキング





[PR]
英語ってねぇ・・・
2008年 12月 24日 |
人気ブログランキング にほんブログ村

b0137400_23534265.jpg

先月、はじめて息子を東京ディズニーランドに連れて行きました
ディズニーチャンネルでミッキーとスティッチの大ファンになっていたので大ハッスル♪
(親は体力を使い果たしボロボロ・・)
今度はフロリダのディズニーランドに行きたいらしい

いつの間にか英語も自然なものになっているのが不思議な感じです

というのも、たしか2歳頃に
リズム体操と英会話が一緒になったようなお遊び的な英語の教室の
体験レッスンに行ってみたのですが・・・

もう!!! ビックリの拒否反応( ̄Д ̄;;

そっ・・・そんなにイヤ?

無理強いしないのが私の基本理念
すみやかに英語のレッスンはやめました

しか~し、そのままにしないのも私流

様子を見ながら、手を変え品を変え、
なんらかの形で英語にはふれているようにしました

英語育児をされているご家庭からすると
カメの歩みのような取り組みかただったと思いますが
そうこうするうちに、英語の取り組みは習慣になり
海外に行きたくてたまらない彼にとって
必要不可欠なツールと認識され、非常に意欲的になってきました

この間、英会話教室で
はじめてテレフォンレッスンをしていただきました

直接、顔を見て話すより、電話で会話が成り立つのは難しいようです
『大丈夫かなぁ』と思いきや

なんだか楽しげに、あれこれ質問に答え
チェック項目満点でレッスン修了となりました

やるじゃん~☆

ついでに自慢させていただくと
(今日の記事は思いっきり親馬鹿路線ですね)

てっきりいつも担当のアメリカ人の先生だとおもっていたのですが
じつは全然、面識のないイギリス人の先生

『SHOくん、イギリス英語だと聞き取りにくいかなぁと思いましたが
 全然、だいじょうぶでしたね^^』

と言われてはじめて知ったのでした


子供の教育については、これまで、さまざまな取り組みをしてきましたが
ことあるごとに自問自答しています


それは、自分がやらせたいことではないか?

人の情報に影響をうけていないか?

子供の本質を曲げることにはならないか?

子供はそれをすることによりどうなるか?

少しでも、気を抜いて判断すると
ついつい、自分本位の考え方になってしまいます
または、複数派の意見に従いたくなります


今の社会をみたとき、
子供が成長したときを想像すると、けして楽観的にはなれない状態です


わたしがすべきことはなんだろうか?


このような視点で子育てをするようになったのは
マミ~のブログとの出会い
チルドレン大学での受講生の方々とのふれあいのおかげです

先日もチル大仲間のiromaさんのブログを読み、いたく共感しましたので紹介します
成績表で一喜一憂しない理由

自分ひとりで考えたとき
ほんのわずかな力しかないけれど
さまざまな方とのつながりの中で、共鳴し
より壮大なハーモニーが奏でられたらいいなと・・・

このブログも多くのかたに支えられ存在します
全ての方に感謝し、また私もお役に立てるよう前進しつづけたい!と思います

子供が冬休みとなりなかなか自分の時間がとれませんが
年内にまだブログ更新できるようがんばるわね

では(=⌒ー⌒=)ノ~☆・゜:*:゜


ランキング参加中! クリックをいただけると励みになります よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

人気ブログランキング



emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学



[PR]
by manarin007 | 2008-12-24 11:36 | 英語
幼稚園入園、その日までにやっておきたいこと
2008年 12月 20日 |
人気ブログランキング にほんブログ村

b0137400_848016.jpg

先日、息子の幼稚園で音楽会がありました
わが子の歌や演奏もさることながら
年少さんたちを見てビックリ!

『1年前は息子もこんなに幼なかったのかしら!?』

これまでの成長を振り返って、思わずうるうる

何度か紹介したことがありますが
入園前の息子の様子はと~~っても心配な事でてんこ盛り!!

何かのご参考になるかと思い
きょうは昔をなつかしみながらシェアしていきますね

息子は2歳をすぎてから、人見知り&場所見知りと
はじめての事にとても神経質に反応していました

なので、3年保育の幼稚園に入園予定でしたが
徐々に慣れておいたほうが良いかなと
プレ(2歳児クラス)に週に1度、午前中だけ行くことにしました

予想どおり、そこでは見事に馴染まず・・・
歌わない、お遊戯しない、座ってお話をきくときは逆に立ち上がって活発化( ̄Д ̄;;

しばらくして、他のお子さんはお母さんがいなくても
機嫌よく先生と過ごせるようになっていましたが
そんなこと、とても不可能で
1年間、さいごまで教室の中で一緒に歌ったりお遊戯したりしていました

入園面接のときも、ひたすら泣きどおし
制服の試着や説明会など何度か園にいくごとに
そのイヤがりかたは激しくなり

『これで4月から通えるのかしら
 もう1年、待ったほうがよかったかしら』

と思い悩んだものです

けれどダメなら途中でやめればいいんだし
ひとまず園生活が順調にスタートできるように
できるかぎりやれることをやっておこうと
いろいろ状況を想定して、息子に教えていきました


さあ、今までとにかく泣きまくりの息子くん
入園当初はどうだったかというと

気が抜けるほど順調

初日のバイバイでは、さすがに泣いていたものの
2日めからケロっっと通園し
他のお子さんがたが通園拒否などで、てんやわんやしているなか
いとも楽しげに園生活をすごしていました

年齢とともに自然に変化したのかもしれませんが
前述の
家であれこれ準備してきたことも
幼稚園大好きに変化した大きな要因だと思います

それを簡単にまとめると

① 自分の名前が読める

  くつ箱、カバン置き場、お道具箱、水筒かけなどなど
  園児ひとりひとり置き場所が決まっています
  ひらがなが読めないお子さん用に、動物シールなどでマークもしていただけていましたが
  やはり、名前が読めたほうが、スムーズにできますよね

② 先生に質問できる

  これは非常に重要です
  先生方もいろいろ気配りをしてくださっていますが
  やはり20数人もいるとなると、なんらかのアクションがなければ
  気づいてもらえない事が多々あります
  『困ったことやわからないことがあったら先生に聞けばいいのよ』
  ということを、子供に繰り返しいいました

③ 制服の着脱になれておく

  園によって異なりますが
  体育のときは園で制服を着替えます
  制服って、ボタンがキッチリしていて(特に上着)
  早くからボタンかけが出来るようになった息子も手こずっていました

  家で着替えの様子をチェックして、やりにくそうなところを改善してあげるといいですね
  たとえば、ボタン穴が小さくやりにくいようだったら少し広げてあげるとスムーズになります

④ 家以外のトイレになれておく

  『男の子は、おしっこのときズボンの横から出してできるように
   練習しておくといいですよ』
   説明会のときの先生の言葉に目からウロコ

   たしかにまだ、社会の窓からだして出来ないので
   普段はズボンをおろしてやっていました
   が、写真のように肩ヒモのあるズボンをあれこれやっていては
   間に合わないかもしれません

   また、大のほうは和式の園が多いので、外のトイレでなれておくといいですね

最後に

⑤ なぜ幼稚園にいくのか伝える

   もし、自分が子供の立場だったら
   なんで大好きなお母さんから離れ、思いきり遊べる環境を出て
   いろいろ制約のある幼稚園に行くんだろう?って思うのではないでしょうか

   お母さんの言葉で、”なぜ、幼稚園に行くのか”ということを
   事前に伝えることは子供にとって、いきなり連れて行かれるより
   随分、安心し又、不安から楽しみ事になるのではないかと思います


さて、こうやってまとめると、ほんのささいなことばかりでしょう?

園生活では子供にとって、はじめてのことで一杯です
そして、自分でしないといけないこともたくさんあります

できないことばかりでは子供も楽しくないですよね
今のお子さんの様子をみて、ひとりで出来るようになったらいいな項目を
入園までにやっておくだけで、随分ちがうと思います

自分から自発的にやるという意識を入園をきっかけにもてると良いですね
そうして、ひとつづつ出来ることが増えていく中で
自信と新たな事への興味や好奇心が芽生えてくるように感じます


幼稚園ママさんたちで、『うちはこうだったよ~』とエピソードがありましたら
ぜひコメントしていただければ嬉しいです

では(=⌒ー⌒=)ノ~☆・゜:*:


emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学
  500円キャンペーンをおみのがしなく!!
 


ランキング参加中! クリックをいただけると励みになります よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

人気ブログランキング




[PR]
高速で覚える漢字
2008年 12月 17日 |
人気ブログランキング にほんブログ村

b0137400_23392026.jpg


息子が2~3歳頃のお話です

かつて早期教育に燃えていた私は
まずは文字の読み書きよね!といろいろ情報をあつめ
とくに三石由紀子さんの書籍に影響を受けて
漢字の取り組みをしようとしました


が、思っただけで実行できず・・・( ̄Д ̄;;

やっぱり、いきなり生活の中にやりなれていないことを組み込むというのは大変です

なんといっても私は三日坊主さんだし

それでもあきらめきれずに今度は石井方式の漢字絵本を購入しました





息子君おもしろくないらしく見向きもせず・・・


お~い


漢字絵本なんだから、聞いてるだけじゃダメなんだよ~~~~~


そんなこんなで漢字の取り組み計画は失敗に終わるかのように見えました。

が・・・・!!

(なんだか今日は、”が・・・・”、が多いですね)

意外な展開となりました


それは!!

高速学習!!

高速というとフラッシュカードですか?

ふふふ、そうじゃなくてリアル高速です

そう!高速道路なのです!!

我が家は、2、3ヶ月おきに、車で高速道路を使い実家に遊びに行っています
片道1時間みっちり、中国自動車道を走るわけですが
乗り物好きな息子くんは、いつも昼寝もせずパッチリ起きて窓の風景を楽しんでいました

たしか3歳くらいからだったと思います
標識がでてくると片っ端から
『あれなんて書いてあるの?』
と聞くようになりました
答えてあげないと非常に機嫌が悪くなります( ̄□||||!!

なので、聞かれたら全部、答えていきました

と、簡単に書きましたが、これは、かなり大変なんですよ~!!
次から次へと標識は出てくるし、1つに何種類も表示があったりするわけです
おまけにトンネルの名前まで聞いてくるので
ボ~っとしてはいられません
1時間しゃべりっぱなしです

そんなやりとりを毎回しているうちに
徐々に自分で読めるものが増えてきて、わからないものだけ答えればいいようになり

今では

ほぼ全部読めるようになってしまいました
トンネルも20箇所くらいありますが
すべて順番まで覚えています

おかげで随分、ドライブは楽になり地名も位置関係もバッチリです


普段は、物忘れも多くボ~としている子なのですが
なぜか、車の中から見たものは、記憶するのが早いようです

見逃すまいと集中すると記憶の質が変わるのでしょうか?

面白いのは漢字がいくつか読めるようになると
街中で歩いていて知らない漢字が出てくると気になるらしく、
これまた『なんて読むの?』
と聞いてくるようになりました

試しに、しまいこんでいた前述の漢字絵本を見せてみると
知っている漢字をみつけて大喜び♪

そっか
興味がある、無しでこんなに変わるのね

いったい今どのくらい彼の頭の中に入ってるのか?
確かめたいけどテストするといやがるでしょうね


私がこの大変面倒な息子の質問に答えているのには訳があって
素敵な子育てをされてるな、と尊敬しているママさんに
子育ての秘訣を教えてもらったからです

それは

質問されたことに全部答えてあげること

やってみるとわかりますが
子供が興味をもったときに、答えてあげるのと
『あとでね』とタイミングをはずして答えるのとでは、吸収力がまったく変わります

親子のコミュニケーション力も変わります

さすがに、全部、瞬時に答えられはしませんが
こういった心構えをもっていると、『あとでね』の対応も変わります

フルタイムで働いているママさんたちから
『なかなか、出来ないことが多くて』
とお聞きしますが
日常生活の中で、子供にピン!とアンテナがたったとき
すかさず、それを広げてあげる

することは

喋るだけ

いろいろ、取り組みはやってきましたが

家庭教育の軸はこれにつきるのではないかしら


emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学
  500円キャンペーンをおみのがしなく!!
 


今日お誕生日のまなりんに、 クリックをいただけると嬉しいわ よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

人気ブログランキング



  PR :読み聞かせたいおすすめ絵本


[PR]
by manarin007 | 2008-12-17 00:58 | 知育
童具館・かずの木で遊ぶ
2008年 12月 10日 |
にほんブログ村 子育てブログへ

童具館の情報誌 ”童具共育”の冬号は「かずの木」の特集でした
見るなりピカ~ンと息子の目がひかり
着替えもせずに、さっそく製作
b0137400_18322397.jpg

できあがり~♪
b0137400_18331917.jpg
このあとも、いろいろ作って遊んでいました^^


かずの木とは?
童具館で製作・販売されている積み木のセットです
通常の積み木とは異なり
創造的な活動の中でいつの間にか数学的なセンスが見につくことを
第1目的としてつくられました

ちょうど童具館のHPで特集ページが公開されていますので
詳しくはこちらをご覧ください >> 童具館・かずの木特設ページ

この色鮮やかな積み木を見たとき(※白木のセットも販売されています)
「ほし~い!!」とは思いましたが
正直いって、高い・・・

なので、3回ほど童具館のスタッフの方に遊び方を教えていただき
そして、使い方が紹介されている
『遊びの創造共育法・童具編 かずの木』 や
ビデオ実践シリーズ「かずの木だいすき」を購入し
あれこれひととおりチェックしてから購入しました
息子が4歳の誕生日のことです

遊び方は通常の積み木のように
みたて遊びやパターン遊びもできますが
なんといっても面白いのが、すごろくやパズルのようなゲーム遊び!
テキストに紹介されていますが
自分のアレンジしだいで、何種類もの遊びが展開できます

また、かずの木はこのように2×2センチを基本とし(左はしの白い積み木)
2,4,6,8,10,12,14,16,18,20センチの
長さと色の違う積み木で構成されています
b0137400_19192656.jpg
このことから
算数の基礎を上手く遊びの中にとりいれることができます

量、位置、等分、10の構成、加減乗除、少数、面積、体積、割合、
などについて具体的な使用例がテキストで紹介されています

購入して1年になりますが
まだまだ全部は遊びきれていないほど
いろいろなことが出来る、非常に良いセットだと思います

器用な方なら自作も出来るんじゃないかな?

b0137400_19442776.jpg
そして遊び終わった後、自分で箱にかたづけていました
(6箱にわかれています)

この片付けることも楽しい遊びのひとつなんです
全部を混ぜた状態から、箱に収納するには
適当にやっていては、なかなか上手くいきません
それぞれのサイズを組み合わせてはめていく必要があります


前回の記事にひきつづき、数の遊びの紹介でしたが
こんなことばかり、おとなしく家で、やっているわけではないですよ~!!

むしろ逆で、乳児のころから外遊びが大好きで
家では、ちっともおちついて遊ぶことが出来ない子なんです

なので情報収集して、面白そうなものを探していくうちに
自然と創造的な遊びが多くなりました

創造性を駆使した遊びは、その場の時間つぶし的な遊びとは異なり
物事の基本を軸とした構成になっているせいか
繰り返し遊ぶ中で、自ら新しい発見を行い
年齢とともに遊び方も成長していくようです

自分で創意工夫し何かを見出す喜びは
幼児期の大切な栄養となるのではないでしょうか



あれから1年もたったのねぇ(しみじみ)
今では、すごい集中力で遊んでいますよ(〃⌒ー⌒〃)ゞ

ただいま、理科の実験について情報収集中です
おすすめ情報がありましたら是非、教えてくださいね


ランキング参加中! クリックをいただけると励みになります よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ



emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学



[PR]
最強の100玉そろばん!
2008年 12月 08日 |
にほんブログ村 子育てブログへ

前回の記事を書きながら
「あ~!! そうそう、100玉そろばん!」
と、乳幼児期の取り組みを思い出しました

100玉そろばんは、お勉強というより遊びの1つになっていたので
息子の数の認識に、どれだけ重要だったか、きれいサッパリ忘れていたのですが
教えていないのに、3桁同士の計算ができるという事実に
大きくかかわっている取り組みの1つです

数の認識についての我が家の取り組みを、まとめてみると

1歳   (ドッツカード) (100玉そろばん) (生活の中でいろいろ、例えば)
         |          |            |
2歳       |          |         物の数をかぞえる
         V           |           数唱
3歳       :           |          すごろく
          :           V          ボーリング
4歳       :                      トランプ
          :                      パズル
5歳        V                      お買い物、など


生活や遊びの中で数を意識するということを中心に
いろいろおこなってきました

ドッツカードでは四則演算までを行いました
お子さんのタイプによっては、ドッツカードだけでも
モリモリ天才的な計算力を発揮されることもあるようですが
取り組みをしながら
「どうも、この子は、これとはちょっと違うような気がする」
と感じ、
実際に手に触れ、物を動かしながら数の認識ができるようなことを、取り入れていきました

そして、その時には、目にみえるような結果は出ませんでしたが
最近、徐々にこれまでにやってきたことが、表面化してきたのです


では、今日は、100玉そろばんについて、紹介します

b0137400_182823.jpg

100玉そろばんは、このように
1段に10個の玉がつながり
それが10段並んでいて合計100玉で構成されています

なので、数えながら目で実物を見ることで
10進数が理解しやすく
また、数の合成と分解
数の繰り上がり、繰り下がりなどが自然と身につきます

プリントなどで習わせるよりも
しっかりとした数や計算の基礎がつくられる最強グッズといえます


なにより、子どもはこれが大好きです
七田の教室でも、子どもたちの集中力が散漫になってくると
すかさず100玉そろばんを取り出し
少しの間、これを使うことで
子どもたちの注意をひきつけるといった使い方をしていたほどです


「どうなふうに使うの?」

① 数えながら、玉を動かす
    全部の玉を右によせ、
    「いち、に、さん・・・」
    と数えながら、玉を1つづつ左に動かします

    50という数がどのくらいの量なのかとか、
    10の集まりが10個で100になる、といった数の認識も養われます

    慣れてきたら、100から1まで逆にかぞえたり
    10個づつかぞえる10飛び(10、20、30・・・)
    5飛び(5,10,20,25・・・)
    2飛び(2,4,6,8・・・)
    などにチャレンジ!

    とくに5飛びをしっかり行なうと
    時計の針の読み方が上手になります
    息子も時計の読み方はスンナリ覚えてしまい
    「2時5分前」とか「2時5分すぎ」などの表現も早くに使い出しました

    さらに、3飛び4飛び6飛びと9飛びまで、どんどん、やってみると
    どうなるか?


    2飛び→2,4,6,8,10,12,14,16,18
    3飛び→3,6,9,12,15,18,21,24,27
    4飛び→4,8,12,16,20,24,28,32,36

    ということで、掛け算の九九が頭に入ってしまいますemoticon-0137-clapping.gif

    それも単なる暗記ではなく、実際の数として認識されているので
    非常に地頭力がつく!
    すごい!100玉そろばん!

② 数の合成・分解

   (10の合成)
    全部の玉を右によせ
    1段目は1つだけ左に玉を動かします
    2段目は2つ
    3段目は3つ
       :
    10段目は10個すべて左に動かします

    階段のような段々ができました

    つぎに1段目から、右手で右端によせてある9個の玉を
    左手で左によせてある1個の玉を
    「1と9で10」
    と言いながら、同時に真ん中に動かし合体させます

    2段目「2と8で10」
     :
     :
    10段目「10と0で10」

    (10の分解)
     10の合成の逆を行ないます
     中央にあつまった10個の玉を「10は1と9」と言いながら
     1個を左に9個を右に動かします
     「10は10と0」まで繰り返します

     この10の合成・分解をおこなうことで
     2にいくつ足せば10になるのか
     といったことが瞬時にわかるようになり
     また、繰り上がりのある足し算や、
     繰り下がりのある引き算ができるようになります

     実際に玉を動かすというのが効果的なんでしょうね

他にも、いろいろなことが100玉そろばんで出来ますが
全ては紹介しきれませんので
参考までに

見てわかりやすい100玉そろばんの使い方ガイドとしてのオススメ

「TOSS子ども百玉そろばんスキル①きそきほん編」
 :順唱、数の合成・分解、足し算・引き算(繰り上がり、繰り下がりなし)

「TOSS子ども百玉そろばんスキル②おうよう編」
 :足し算・引き算(繰り上がり、繰り下がりあり)、その他、飛び数の応用など

 各500円(40ページ)


ということで、いろいろ、ご紹介しましたが
このとおりでなくてもいいんです(爆)

チャカチャカ振り回したらマラカスみたいな楽器になるし
床の上を転がして車がわりにしてもいいし
玉で何かの形をつくってみてもいいし
(↑これも楽しそうでしょう?)

とにかく、目につくところに置いて
気が向いたときにカチャカチャやっていくうちに
いつの間にか、ひとりで動かして遊ぶようになったのが息子です

血液型がO型の子は(息子くん)、言葉で説明するより
目の前でやってみせてしまったほうが理解しやすいそうです


なので、ドッツカードはサラっと見せて
それを、ちゃんと応用できるように、動作をともないながら
数と触れ合ってきました

もし、「ドッツをやったから次はプリント!」
などしていたら、まるで違う結果になっていたことでしょう

こういったセンサーは
母親が自分の見栄や願望はよこに置き
今、目の前の子どもに向き合うことで、発揮され
臨機応変に対応できるようになるのだと思います

たとえば、
とても活発なお子さんで「家の中でおとなしく取り組みができない!」
といった場合
公園に遊びに行くときに
「家から公園まで何歩あるか数えようか?」
と数えてみたり、公園で
「宝探し!」と称して
葉っぱをひろって、
「どっちが多いかな?」
と数の量を確認したり、数えたり
「10枚と15枚だから、お母さんのほうが5枚多い」
というと引き算になります


今は、さまざまなメソッドやハウツー本もありますが
自分が納得できるものを取り組むのではなく
子どもを中心に置いて、模索していかれると
子どもの眼が生き生きと輝きだすことでしょう


長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました^^
質問があれば、ご遠慮なくコメントしてくださいね


emoticon-0157-sun.gif 母親力をUPさせる知恵が満載! チルドレン大学


ランキング参加中! クリックをいただけると励みになります よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村






[PR]
by manarin007 | 2008-12-08 18:53 | 知育
AX