いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
幼児期の活動って重要!
2010年 06月 29日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

アトリエに通いはじめて1年ちょいになりますが
先日はじめて講師の方から
「来週は汚れても良い服装と、上下ともにお着替えの準備をお願いします」
と言われました
だけど今までも、絵の具を使う週は
どうなってもいい服で行くのが暗黙の了解になっていたので
(すごく汚れますよ~!)
と念押しされるほどの活動ってどんなだろうと息子とワクワク♪

そしたらまあ、たしかに見事な汚しっぷり!
髪の毛にも腕にも足にもベッタリ絵の具がついています
(写真は洗ったあとですが、ズボンは後ろもベタベタ)
b0137400_9273456.jpg
こんなになった活動はコレ!

b0137400_9275626.jpg
ダンボールハウス? 迷路?
思い思いにダンボールをつなげ窓やドアをつくり
べたべった絵の具を塗った作品
仕上がった後、中でおやつを食べたり寝転んだり
さながら子供たちの秘密基地になっていて
大興奮&大喜びではしゃいでいました

ここまでの大型の活動は3年ぶりだそうです
(準備が大変だそうで・・ありがとうございました)

何の規制もなく自分の好きなようにつくりこめる活動は
普段使っていない部分を大きく広げるような気がします
また、各自で作りこみながらも
多くの子供たちと行う共同作業ですから
自然と楽しみをわかちあい、作業をとおして心が繋がって
自分と同じように相手をも尊重するような
意識が垣間見える活動でした

創造活動は面白いです!
こういった教室でなくても
お母さんの意識ひとつで家でも実践できますから
小さな頃からチャレンジされることをおすすめします^^

最近、いろんなお友達がうちに遊びにくるようになって
あれ?と思うことが1つ

子供たちが
(何して遊ぼうかな)
って空気をだしているときだけ、私から
「こんなのがあるけど一緒にやってみる?」
と提案をするんだけど、たいがい
「それ知らない。わかんないからイヤだ」
と拒否(爆)

「大丈夫、大丈夫、面白いよ~」
とっかかりだけみせてもグズグズ、ダラダラ
または「え~、そんなん幼稚園の子がする遊びやん」
と勝手なイチャモンをつけてくる(笑)

ひとまず1回、説明しながらやってあげると
やっと、遊ぶ気になり、2回とおりくらいやってみると
後は、子供たちだけで盛り上がって遊びだす、といった感じ

はじめの頃はこの反応がとても新鮮で興味深かったです
まあ、人それぞれ性質が違いますから
いろんな反応があっていいのです

だけど、ひょっとしたら今までの遊びの環境が
電子ゲームとかの固定されたものが多いために
他の遊びに慣れてなかったりで
説明されたルールのイメージがわきにくいのかな?
または自分の知らないものに対してガードが高い?
と思ったり・・・

ひつこく繰り返しますが
個人の嗜好はいろいろなので
やりたいこと、やりたくないことがあって当然だと思います

が、

まだ、6歳、7歳でね
受け入れるものの幅をあまりに狭くしてしまっては
もったいないな~と


受け入れるか、入れないかの要因のひとつに
イメージ力の違いがあるんじゃないかなと感じます
イメージ力を高めることのひとつに
前述の創造活動がありますが
だれにも出来て、手軽で、そして効果的な事がもう1つ

さて、なんでしょう?


それは、これまた何度もブログに書いてますし
世間でも、超有名なアレです

それは

読み聞かせ!

マミ~とスカイプでたまに読み聞かせについての話になるのですが
昨日も
「ドューゲン(息子さん)がね、読み聞かせはイメージトレーニングになるって言ってたよ」
という話を教えて貰いました

(参考)
・マミ~の子育てについて >> 学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
・読み聞かせをするとどうなるの? >> (続)学力は全米トップ0.1% 秘訣は読み聞かせ
・家庭で実践できます! >> チルドレン大学


長くなりますので、一旦、おわりますね
読み聞かせについて次回に続きます029.gif


みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ




[PR]
もし、子育てをやり直すとしたら・・・
2010年 06月 22日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

アトリエの積み木タイム:大量で楽しい♪

b0137400_19254248.jpg


今日は、貸し借りコミュニティの大阪オフ会でした
2歳前後のお子様が5人、チョコマカ動いていてかわいかった~♪

初めて会う人も多い中
「あぁ、この人会ったことがある」
というふうに感じる人が、こういうときかならずいるんですよね
人の縁というのは面白いものです

自分の友達やママ友だけだと
結構、似たような環境ですごしているので
大体、想像がつくような話しか出てこないのですが
コミュのオフ会は、共通のテーマを持ちつつも
普段まわりには存在しないようなバラエティにとんだ人たちのお話が聞けるので
非常に興味深いし参考になるし刺激になって面白い

いろいろ話をしていく中で、ふと
「もし、今から0歳の子を育児するとしたら、どうするかな」
って考えてみました
で、すぐに頭に浮かびました
息子にしたのと同じように育てるだろうなって

もちろん、その子なりの気質や好みに応じてのことですが
基本的な子育ての姿勢は一貫しているなって思って
「私ってそうだったのか」
と一人でひそかに納得してたんですよ(笑)

オフ会に行くと、なぜか終わったあと
「さあ、私も頑張ろう!」
って思います
この話を聞いたからとかそういうテクニック的なことではなくて
参加している一人ひとりからエネルギーを貰っている感じ

乳幼児期は人に会うため出かけるのは億劫な時もありますが
人とリアルに触れ合うことは、とても重要だと思うのね
そういう出会いの場を提供していけたらいいなぁと思うオフ会でした



みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ





[PR]
興味の赴くままに
2010年 06月 17日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

b0137400_16445236.jpg

息子とヒストリーチャンネルを見ていたら
火星のテラフォーミングの紹介をしていました
CGを駆使した映像があまりにもリアルで
「これって本当のこと?」
「まだ、計画中でこれはイメージ画像ね」
「え~~~~」
今にも実現可能に思えてくる説明でございました

テラフォーミングというのは
人の住めない惑星を地球に似た環境に造り変えることで
例えば火星は非常に気温が低いため生存不可能ですが
今、地球で問題視されている温暖化を人為的に再現できれば
火星の地下にある永久凍土が溶け
大気や雲、海を出現させることが出来るのではないかとか

また、地球の原始の頃に生息していた藻類を繁殖させ
非常に大量の酸素を発生させるだとか
まあ、いろいろ研究中だそうです

(私たちが見てたのはコレです)


ここで

息子の頭にひっかかったことが1つ
それはホーキング博士のこの言葉

「このままいけば人類は1000年以内に滅亡するでしょう・・・」

テレビでこのような話を聞く前から
たぶん4歳くらいからでしょうか
何度も息子に聞かれたことがあって

「ねえ、人類が滅亡したらどうなっちゃうの?」
「地球は無くなっちゃう?」

私はなんでそんな事をいうのかわからず
冗談で返したり、今わかっていることだけ話したり
ひとまず不安にならないような会話に変えていっていたのですが

TVのおかげで久しぶりに”滅亡”論が復活です

「もし、そうなったとしてもお母さんもSHOも死んでしまって
 いなくなってからの事よ」、と言っても

「そうだったとしてもイヤなんだよ
 人類が滅亡するのは悲しいよ!!!」

ここまでこだわられると「人類滅亡」というのは
この子の人生のテーマなのかい?って思ってしまいます
(そういえば原始の地球の話がメチャメチャ好きだよな・・とか
 いろんな事が全てピタっとあてはまるのです)

「じゃあ、SHOが研究してどうしたら人類が助かるか方法をみつけてよ
 これからもドンドン研究が進んでもっといろんなことが出来るようになるかもしれない
 いろんな可能性があるよね」

「うん、僕の夢は宇宙に行くことだ」

あらら
この間まで将来の夢は
「サンタクロースになること!」
だったのに、急に大人になってしまいました
(えらい、違いや)

ちなみにどこかのサイトに書いてあったのですが
そんな高度な研究かつ莫大な金額のかかることが出来るなら
今の地球温暖化くらい阻止できるんじゃないの?って027.gif

それはさておき

こんなとき
「私には何もできないから仕方ないも~ん」
と思ってしまう私と

「うわ~どうしよう。どうしたらいいんだろう」
と考える息子の思考の差は
これから歩む人生の長さの違い?

マミ~のブログの記事でとてもわかりやすく表現されていましたが
まずは”信頼”
でもって、決して邪魔をするなかれ
ってことかな

でもこれって案外難しい
そんなときは、やっぱりコレね
 ↓
子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学


みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ





[PR]
by manarin007 | 2010-06-17 17:00 | 知育
宮崎口蹄疫被害支援ツイッター募金
2010年 06月 11日 |
日本最大のクリック募金サイトの「クリックで救える命がある。」にて

宮崎口蹄疫被害支援ツイッター募金が出来ます

あなたのツイッターのつぶやき投稿が

被害をうけた畜産農家の支援につながります!

ご賛同いただければ嬉しいです

詳細&募金方法はこちらから↓↓↓
http://www.dff.jp/twit_donation/


宮崎県には多くの友人がいます

ニュースを見るたびに、一人一人の顔が浮かびます

今の自分に何ができるか・・モヤモヤとした気持ちの日々ですが

まず、目の前にある出来ることを少しづつでもやっていこう!


口蹄疫の最新情報& インターネット募金サイト
  ↓↓↓
http://event.rakuten.co.jp/area/miyazaki/info/


現場の声!!
  ↓↓↓
パソベッツこじま 大動物診療部 in 川南町




[PR]
感動は人を動かす
2010年 06月 08日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

本の整理をしていたら息子が1歳くらいのときお気に入りだった本が出てきました

あさ/朝(谷川俊太郎:文)
4752002779


この本は右から読むと詩集、左からみると絵本という新しい形のビジュアルブック
「朝」をテーマにした、言葉と写真のコラボレーションです

何度も眺めてたのでページがボコボコ
b0137400_10563872.jpg
破れてるし(笑)
b0137400_10571217.jpg
今みたいに写真絵本が出ていなかったので、こればっかり見ていました
久しぶりに見てみると朝の微妙な空の色の変化が見事に表現されていて
清々しいエネルギーを感じます

この本を買ったきっかけは息子のためではなく
私が好きだった詩が掲載されていたからなんですが
ネスカフェのCMで朗読されていた「朝のリレー」をご存知でしょうか
毎朝、あのCMをみていた当時をなつかしく思い出します

これね↓


なんといいますか、それぞれの時間をすごし
それぞれの使命を全うしつつも
何か共通の連帯感を感じる詩で、好きなんですよね^^

さて、ネットで谷川俊太郎を検索していると素晴らしい情報に出会いました
「生きる」というこれまた、教科書やドラマなのでよく引用される詩があるのですが

>>「生きる」(谷川俊太郎)

私はこの詩を読むと
いま自分がいること、家族がいること、友人がいること
太陽がでていること、雲がながれること・・・
すべてに感謝したくなります

この詩には何か人をかりたてるものがあるのでしょうか
2007年、Mixiで(ネット上のコミュニティ)、ある一人の方からの

「谷川俊太郎さんの傑作『生きる』をお手本に、
みなさんの『生きる』をつなげてひとつの詩みたいなものを作りませんか?」

との呼びかけに、半年で2000件を超える投稿があり
それらの投稿作品の中から一部を選出し、投稿者自身のコメントや写真を加えて
書籍となって出版されたのです(参考:Amazonの商品説明)

生きる わたしたちの思い
482753120X


心が動くと人は行動をしたくなり
そこに共感した人たちがあつまってきて
より大きな共鳴を引き起こします

あるときから、人が汗をかいて一生懸命やる姿は
「かっこわるい」
といわれ、要領よくスマートに出来ることが
「かっこいい」
と思われるようになりました

そんな心も表情もフラットな人生より
落ち込んだり、やる気になったり、悲しくなったり、笑ったり
デコボコした人生でいいのではないかな

嬉しいことも悲しいことも、たくさんキャッチできる
そんなセンサーがあると
自分が感動し、それを人に伝えるエネルギーが
生まれるのかなと思います

小学生になった息子は、いろんな新しい友達と
仲良くなったり、ケンカしたり、あれやこれやと忙しそうです(笑)
ガキ大将や、少し発達障害気味の子や、いろんな子がいるそうで
五感をフル活動させて毎日を送っています

そんな姿をほほえましく思うこの頃です



058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学

みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ






[PR]
絵本の時間
2010年 06月 02日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

6月22日に貸し借りコミュの大阪オフ会をすることになりました
やった!
いい機会なので、不用になったものや読まなくなった絵本を差し上げることにしようと
まずは福音館の月刊絵本を出してみると
じゃ~~~ん!!

b0137400_20144274.jpg
ダレ!? こんなに買ったのは (あぁ・・それは私)
ザックリ数えると

ちいさなかがくのとも(15冊)
こどものとも年中版(43冊)
こどものとも(42冊)
かがくのとも(65冊)

子供は一人だけなのにねぇ
スーツケースに入りきらない量でございます042.gif
パラパラ開いてみると
あぁ、そうそう、これは何度も読んだわ
この絵本はいまいちだったな
このキャラクターが好きで(ラスチョって知ってる?)バックナンバーを取り寄せたわ

ちゃ~んと読んでいるんですね!
ちなみにハードカバーの絵本もかなりあるし
それでも足りなくて、毎週図書館から借りてきてたっけ・・・
いったい、今までに何冊、読み聞かせをしたんでしょう027.gif

一番記憶に残っているのは1歳代の読み聞かせ
文章量の少ない絵本を何度も何度も
「もう1回」攻撃で、ほとほとイヤ気がさして、こっそり隠したり(笑)
声が枯れて出なくなったり
眠くて1ページごとに寝てしまったり
ものすごいエネルギーを使っていました

ところが2歳、3歳になるうちに
だんだん、読み聞かせをやってます!っていう意識が無くなって
今では、なんだかそんなに読んであげなかったわねぇ、と錯覚するくらい
(実際はやってたんですが、いちいち覚えていないのです)

乳幼児期の読み聞かせは、お母さんにとって
楽しい時間ばかりでは無いと思います

眠くて眠くてイヤイヤながらだったり
全然聞いてくれなくてイライラしたり

うちの子はソワソワ、ウロウロ
ち~っとも一緒に絵本を覗きこむということをしてくれませんでした

1歳代に読んだ絵本は
ヨダレでページがくっついてたり
絵本の角がかじられて無くなってたり
やぶられてセロハンテープを貼りまくってたりと
当時の奮闘ぶりがありありと浮かぶ有様になっています

その全部が、今となってはかけがえのない思い出です045.gif

小学生になった息子は学校の図書館から本を借りてくるのですが
「えっ!? これ家にあるわよ」
という事がよくあります
「そうなんだけど、また読みたくなっちゃって」
「だから家にあるわよ」
「どこにあるか、わかんないんだもん!」

はい、整理整頓も頑張ります025.gif


さて最近の私は英語絵本にハマっています
読めると楽しい!
難しく感じていたのは絵本のレベルが高かったんですね

今日、息子がフットサルをやっている間
体育館のロビーでわからない単語を調べていると
見知らぬおじいさんが
「勉強して、えらいねぇ」
と言ってアメを2つくれました
なんだか、妙に嬉しかった035.gif

簡単英語絵本は100冊マラソンでGO!
 b0137400_22285726.jpg


みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ





[PR]
AX