いっぱい遊んで、心と体と頭を育てよう! アッと驚く賢い子育てのコツ、そんなチルドレン大学の取り組み公開中♪ 英語教材、七田、絵本、知育玩具の情報もね
by manarin007
Top
タグ:文字の読み書き ( 9 ) タグの人気記事
|
国語の音読の宿題ってどうしてます?
2010年 10月 18日 |

b0137400_13435965.gif

2学期になってから毎日、国語の教科書の音読が宿題になりました
どれを読むのか指定されているので
学校での進度とシンクロさせているせいか
長い話だと、ず~~っと、同じものを読み続けなくてはなりませんemoticon-0126-nerd.gif

「大きなかぶ」なんて3週間もつづきました
息子はけっこうマジメに取り組んでいましたが
さすがに1週間をすぎたあたりから
飽きてしまってダラダラ読みに・・・

ところが、ダラダラ読みの次の日
やけに臨場感あふれる読み方に変化!
夕ご飯の支度をしながら聞いていた私が振り返ってみると
そこには

「うんとこしょ、どっこいしょ」
と言いながら
身振り手振りをつけながらやっている息子の姿が!

この姿を見て母はちょっと反省
そうだ!
いくら宿題といえど、指示されたとおりにだけやってちゃ、つまらん
どうせやるなら、能動的に取り組むぞ!

そこで暗唱するくらい覚えてしまったこの話について
チル大的に対話してみました
例えば

私:「もし、ねずみを呼んできて引ぱっても抜けなかったらどうする?」
息子:「え~と、アリを呼んでくる」
私:「なんでアリなの?」
息子:「だって、ねずみより小さいから」
私:「これは段々小さいものにしないといけないってルールなのかな
 隣のおじさんを呼んできて、手伝ってもらったほうが力があっていんじゃない?」
息子:「たぶん田舎だから、隣はいないんだよ」
 (↑めちゃ現実的な考えですねemoticon-0102-bigsmile.gif

とか

私:「おばあさんの次ぎに孫を呼んできてるけど
   娘さん(孫のお母さん)はいないのかなぁ」
息子:「会社に行ってるんじゃない? 家にいたらきっと手伝ってるよ」

とか

私:「みんなで、引っ張る以外にカブを引っこ抜く方法はないのかな?」

とか
まあ、その場その場の話なので
こんなに真面目な事ばかり喋ってたわけではないのですが
思った以上にいろんな事が推測できて面白かったです

小学校に行き出してから
「これは、こうしないといけない!」
ということが多くて、それをこなす事ばかりになりがちですが

ちょっと目線を変えてみる

ていう意識や会話を家庭では増やしたいなぁ、と思っています
100点満点から減点方式の日本の教育では
「答えは決まっている」から
いかに正解するかで成績が決まってしまいます

この間、国語のプリントをしたとき
このことを痛切に感じました
短い文章が書いてあって、それに対して質問があり回答していくという
よくある国語の問題だったのですが
息子の回答をみると、い~っぱい書いてある

書いていることは、意味は合っているんです
けれどそれは息子が考えた彼の言葉で書いてるんですね

つまり、普通ならプリントに書いてある文章の言葉を
”そのまま使って書き出す”のが回答になりますが
息子は、はじめてするのでそういった概念が無く質問に対して
「こうで、ああで、こうだから、これなんです」
という彼の言葉で書いているのです

こういった問題はこういう風に回答するのよ・・・
と説明しながらも、
(アメリカみたいな加算方式だったら、そうじゃないのに)
となんとなく、モヤっとしてしまいました

もちろん質問されている事をきちんと把握し
的確な回答をすることも大切ですので
そういった訓練も重要なのでしょう

学校での形式の決まった指導も大切ですが
それプラス家庭では
自分で考える、という機会を多く持てるように意識したい
と思っている今日この頃でしたemoticon-0134-bear.gif


==================================

(こんなの作りました♪のコーナー)

TVでケン玉を見ていた息子
「コップとヒモをちょうだい」
と何やら工作スタート

こんなのが出来上がりました

b0137400_13454327.jpg
コップに紐がくっつけてあり
紐の先にはビー玉がガムテームでくくりつけられています

コップの部分をもって紐をゆらしてビー玉をコップに入れる
という遊び
ケン玉と同じ感覚が味わえて、なかなか良い作りでしたemoticon-0144-nod.gif



emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学



[PR]
子供が喜ぶ言葉遊び
2010年 07月 12日 |
にほんブログ村 子育てブログへ おきてがみ

b0137400_8545893.jpg
正三角形をいくつも重ねたオブジェ
子供たちの個性が重なり合い重厚な作品となっています
(7月のアトリエ活動より)
======================================

先日、ずいぶん過去の記事にコメントをいただきましたが
チル脳倶楽部への転載記事のほうだったので
こちらでもう少し詳しく書いてみます
>> フォニックスの前にマザーグースなんだって

この記事の中で
韻をふんだわらべ歌やマザーグースなどの言葉遊びに親しんでいると、
無理なく文字を読めるようになる

とあります
久しぶりにこの記事を読んでみてそういえば「言葉遊び」について
あんな事やこんな事があったなって思いだしました

私は日本語での童謡や手遊び、ダジャレなどが
子供の言語感覚を伸ばすのにとても良いものと思い小さな頃から取り入れていました

たとえば
中川ひろたかさんや多田ひろしさんのダジャレ絵本を読んだり
五味太郎さんの”さる・るるる”みたいな言葉遊び絵本も大好きでした

幼稚園の頃からは、しりとりや早口言葉、なぞなぞ
回文(まえから読んでも後ろから読んでも同じ言葉)
でよく遊びました

去年テキサスでマミ~に教えてもらった質問ゲームも子供たちに人気があり
旅行中ず~っとやっていました

遊び方
まず出題者が”答え”を決めます
回答者はいろんな質問をして、答えを推測していくのです

出題者: 決まりました。質問をどうぞ
回答者: それは何色ですか?
出題者: 緑です
回答者: 大きさはどのくらいですか?
出題者: このくらいです
回答者: 今、見えていますか?
出題者: 見えています
回答者: わかりました! それは葉っぱ?
出題者: アタリ~♪

みたいな感じです
文章にするとかたっ苦しいけれど、やってみると盛り上がりますよemoticon-0144-nod.gif


最近、ねずっちさんという芸人さんのおかげで、我が家でも謎かけが大ブレイク
息子は6歳ながらも、謎かけを考え
「整いました!」って、やっています
そりゃ整ってないだろうってのが多いですが
たまにキラリっ!と光る名言があるんですよ^^
 ※(謎かけというのは 「○○とかけて××と解く。その心は」「□□です」 という言葉遊びです)

謎かけは2つの要素の共通項をみつけだすトレーニングになりますね
”え~!”って驚きの謎かけを作ろうとやっているうちに
抽象度の高い思考をするくせもつきそう

そして、ダジャレについて検索していたら
こんな面白いサイトに出会いました

>> へんてこことば

子供たちのダジャレからつくった絵本が読めてダウンロードまで出来てしまうというサイト
日本語のダジャレも面白いですが
私がハマったのは「杉本先生のダジャレでえいごを覚えよう!」のコーナー
トップページの左サイドバーからリンクしています
めっちゃ面白いので覗いて見て~emoticon-0128-hi.gif

======================================

しばらく前からNHKで放送された”ハーバード白熱教室”をYouTubeで見ていたのですが
全部みきれないうちに翻訳の著作権の関係で日本語吹き替えつきが全部削除になってしまいました

ひじょ~~~に面白い哲学の講義だったので残念です
あの講義は多くの日本人の為になるはず!
NHKさん、削除するなら再放送もしてね


emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学

みなさんの応援でささえられていますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ





[PR]
by manarin007 | 2010-07-12 08:56 | 知育
なぞなぞ遊びのススメ
2009年 09月 18日 |
人気ブログランキング にほんブログ村

友達のブログで紹介されていたサイトでこれはいい!と思って作りました
(友人ブログ→My Sweetie Pies ~モンテッソーリ育児 in アメリカ~
それは~~

なぞなぞカード

"子育て・ことば育て" で無料配布されている
「幼児のなぞなぞ100集」を使わせていただきました

私のなぞなぞのイメージは
頭の体操というか、ちょっと、とんちのきいた
物事をいろんな角度からみてパっとひらめくクイズというものでしたが
こちらで提供されている、なぞなぞを見て
『 あ~、こういう使い方も出来るんだ 』
と、ちょっと、おどろき emoticon-0104-surprised.gif


たとえば 『太陽』 という言葉をしっていて普段もつかっている、とします
けれど、『太陽』 という言葉を使わずに、どういったものかを説明するには
言葉の表現力、語彙、わかりやすい説明を考える思考力
いろんな力が必要ですね

まずは、なぞなぞの問題をたくさん聞くことで
物に対する説明のしかたを遊びながら学ぶことができ
『説明する力』 をつけることに、つながる、とのこと

やってみて楽しければやがて問題をつくる側にもなり
そうすると思考力もフル稼働
物に対する注意力もUPしそうですね

まあ、ウンチクはともかく
すぐに出来る素材を提供していただいているので
やってみましょう

この素材は出題が幼児が普段目にしている
日常にあるものが中心なので、小さなお子さんでも遊べますよ~

まずはA4の紙に印刷して

b0137400_8543939.jpg
上下の余白を切り取り、2つに折って綴じると
”なぞなぞブック”の出来上がり~♪
綴じずにカードにすると、いろいろな遊びができます

b0137400_8175199.jpg
”なぞなぞ”の問題を上にしてひとつの山にします
ジャンケンして順番に上から”なぞなぞ”を読んでいき
答えられたひとは、そのカードがもらえますemoticon-0103-cool.gif
最後にカード数の多い人が勝ち!というルール
難しい問題をまぜて答えられたらカード5枚ぶん!という
スペシャルカードをつくっても盛り上がりそうですね
キンキラキンのゴールドカードとか^^

b0137400_8552258.jpg
答えるのがまだ、難しそうなら
問題と答えを切り離し
カルタのように答えカードだけ、重ならないように並べます
問題を読み上げて、答えにタッチ!
絵もついているので、このほうが簡単かもしれません

他にも遊び方を思いつかれたら、おしえてくださいね~emoticon-0128-hi.gif



emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学

 ※チルドレン大学では10月より入校キャンペーンを予定しています
  事前にキャンペーン内容をお知りになりたい方は
  こちらからご連絡ください。 メールにて案内をさせていただきますemoticon-0139-bow.gif
   ↓
 http://my.formman.com/form/pc/XRMc0iNDSXsgR7AD/

いつもありがとうございますよろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

にほんブログ村 へ




  PR :幼児教育ブログ


[PR]
by manarin007 | 2009-09-18 11:04 | 知育
絵日記を書くと・・・
2009年 03月 16日 |
人気ブログランキング にほんブログ村

関連記事:文字の敏感期!?

しばらく前から、絵日記をつけだした息子くん
(文字を意識する、あんなこと、こんなこと)

最初はこんなかんじで
b0137400_1019876.jpg
書く内容が固定されたフォームからスタート

お子さんの嗜好にもよりますが、
『 自由に好きなようにかいてごらん 』
っていうのは、ちと無理があり、
制限のあるほうが書きやすい場合もあります

書くタイミングも週に1回からスタートし
週に2回→1日おきに書く、という感じ

なれてきたら、次にこんなフォームにチェンジ
b0137400_10235646.jpg
日記っぽくなってきましたemoticon-0100-smile.gif

テーマは自由にしていますが
”様子を音であらわす言葉をいれてみよう”という課題がついています

そして、このフォームにもなれ
ずんずん文章量も増えてきたところで
今はこのフォーム
b0137400_1027477.jpg
いままではB4サイズでしたがB3になりました

何を書こうかが決まると、すごい集中力で書いています
ちょっとした作文並みですね

息子が日記を書き始めてからきがついたことがあって

・ ひらがなとカタカナの使い分けが出来ない
  いやぁ、そりゃそうですよね
  どういったときにカタカナにするか、じつは私も上手く説明できません(汗)

・ (~を) → (~お)と書いたり (~という) → (~とゆう)と書いたりする
  他にも、こんなかんじで、へ~と思ったのですが
  絵本ではすらすら読めてわかっているようでも、書くとなるとごっちゃになるんですね

そんなこんなで、文章を書くことで、文字読みも早くなってきました
あいまいになっていたところが、ハッキリしてきたからかな?

そして、さらに!

日記ってすごいよね~って思うのは

その日を思い出す作業になるんです

子供は大人とちがって、”今”に生きています
どれほどお腹が減っていても
親に何か言われても
今、自分が関心のある事が優先なんですね

”これをやったら、あとでこうなる”
という見通しがまだ曖昧です

けれど、一日を振り返り、絵や文章にすることで
場面、場面で記憶されていた事柄が
ひとつの線でつながって意味のあるものとなっていきます

記憶力というのは、覚える力ではなく
覚えていることを適切に引き出せる力だと思います
絵日記ではそういった力を楽しみながらつけていけるかなって思います


最近、文房具売り場をとおるたびに絵日記帳をチェックしているのですが
幼児むけのものって、ほとんどないのですね

そこでネットの無料素材を検索してみました
(ぴぽっと:絵日記プリントが4種類)
http://www.pipot.jp/index.html

(わくわくキッズランド:日記以外のプリントももりだくさん)
http://www.templatebank.com/Kids/download.asp?code=D12

では(=⌒ー⌒=)ノ~☆・゜


ランキング参加中! クリックをいただけると励みになります よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

人気ブログランキング



emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学 春のキャンペーン中!!

 幼児教育ブログはこちら


[PR]
by manarin007 | 2009-03-16 10:25 | 知育
文字の敏感期!?
2009年 03月 14日 |
人気ブログランキング にほんブログ村

さいきん、ひたすら書きまくっている息子
これも文字の敏感期?

3歳ころに、目にしたものを全て読み上げるという
文字へのこだわりがあったけど
いつの間にかそれも下火になったな~っと思ったら
『読む』 から 『書く』 に移行したみたい

言葉を喋りだす前に、まず言葉を聴いてストックすることが必要なように
書く前に、多くの文字に触れる期間が必要なのでしょうか?

こんな、”あいうえお”の自主トレをしてみたり
b0137400_02733.jpg
何枚もお友達に手紙を書いたり
これ ↓ なんだと思います?
b0137400_0282640.jpg
アルファベットで遊んでいるんです
b0137400_031851.jpg
こんな感じにAからZまでいろいろデザインして書きまくっていましたemoticon-0147-emo.gif

昔の 書くのなんて大キライ!! はどこへやら

もし、お子さんの文字のことでお悩みの方がいらしたら
私は、キッパリと断言します!!

大丈夫、そのうち、書く日がやってくる


ほんとに、小さい頃から、書くも描くもしない子だったんですよ
おかげでイタズラ書きとかされる心配は全くありませんでしたが

まわりのお子さんたちとの違いに、少々ヤキモキする時期もありましたが
『書くことを強制することだけは絶対しない!』
と決め、道具と紙を作業用のテーブルに置いて
気が向いたときにいつでも書けるように環境を整えることだけしました


でもね、たぶんきっかけとなったのはホワイトボードだと思います
昨年、英語の個人レッスンをしてもらったときに
ホワイトボードに絵を描いたり、文字のパズルクイズをしたりしてたんですよね

マーカーはえんぴつより持ちやすいし、書き易いし、間違ったらすぐ消せるし
”書く”こと事体がストレスとなっている子にオススメです♪

ホワイトボードがなければ、クリアファイルを使ってもいいですよね
b0137400_0513871.jpg

さて、最近、絵日記の習慣もついてきましたが
この絵日記を書くことは、いろいろな相乗効果があるな~って気がつきました

これは次回に紹介します(〃⌒ー⌒〃)


【 日々の出来事 】

先日、知り合いの方から図鑑を4冊いただきました
『 押入れを整理してたら子供が昔、使っていたのがでてきて、
 SHOくんなら好きそう!って思ったの 』

お~、ありがたや^^
子供の嗜好をなにげにお知らせしておくと良いことがありますね♪

ランキング参加中! クリックをいただけると励みになります よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

人気ブログランキング



emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学

幼児教育ブログはこちら


[PR]
by manarin007 | 2009-03-14 10:38 | 知育
この辞典を待ってたのよ!
2009年 01月 23日 |
人気ブログランキング にほんブログ村
例解学習類語辞典 似たことば・仲間のことば
深谷 圭助

4095016612
小学館 2009-01-21
売り上げランキング : 25109
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
11月にAmazonに予約をいれて2ケ月がたち
や~っと、発売!
小学生向け「 類語辞典 」

類語辞典は他にも販売されていますが
子供を対象にしたものはこれが初めてだそうで
監修は”フセンを貼る辞書引き学習法”を確立させた深谷圭助先生です

類語辞典というのは
よく似た意味の仲間ごとに分けて並べた辞典です
たとえば、「感動した」という気持ちを表現したいとき
私はいつも「 すごい! 」しか思い浮かばなくて
ボキャブラの貧困さにガックリくることがあります

また、何か嬉しいことがあったとき人に言いたくなりますよね
自分が感動したときはまだ半円で
それを人に伝えたとき丸い円になる、って聞いたことがありますが
表現すべき言葉をもっていなければ
何かモヤっした気持ちが残ります

この類語辞典では
たとえば”うれしい”を表現する言葉として
52の表現と例文があります
見ていると、ただ”うれしい”とするより
さらに微妙なニュアンスまで伝えてくれる言い回しがあり
とてもに参考になりました

辞書に掲載されている使い方の例文を引用すると
「お笑い番組で友達が 笑う のを見て、僕は 笑った。」
これを
「お笑い番組で友達が 腹を抱える のを見て、僕は にやり とした。」
といいかえただけで、その場の情景が手に取るようにわかりますね
作文や日記をお子さんが書くとき
たまに、
「ここのところを違う言葉にかえてみようか」
と類語辞典で調べていくうちに
その時の情景にピッタリな表現が身についていくのではないかと思います

字も大きくて読みやすく
また、Amazonのレビューを引用させていただくと

”この辞書は学習指導要領に準拠しているため、
中高で習うような単語は使われていない。
あくまで小学校で習った言葉から作られている。”

ということで、たしかに例文もわかりやすく
楽しく使えると思います

私的にかなり気に入っています♪



【 日々のできごと 】

今朝、息子が幼稚園にむかう途中で

「 ねぇ、木は動かないよね 」
「 そうね 」
「 じゃあさ、どうやって葉っぱを落とすの? 」

木がブルブルしながら葉っぱを落とすところを想像して笑っちゃいましたが
そういった見方もあるんですね

今、とても専門的な質問とこんな風な幼児独特の疑問が交じり合って
とても面白いemoticon-0136-giggle.gif


emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学

ランキング参加中! クリックをいただけると励みになります よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

人気ブログランキング





[PR]
by manarin007 | 2009-01-23 10:40 | 知育
高速で覚える漢字
2008年 12月 17日 |
人気ブログランキング にほんブログ村

b0137400_23392026.jpg


息子が2~3歳頃のお話です

かつて早期教育に燃えていた私は
まずは文字の読み書きよね!といろいろ情報をあつめ
とくに三石由紀子さんの書籍に影響を受けて
漢字の取り組みをしようとしました


が、思っただけで実行できず・・・( ̄Д ̄;;

やっぱり、いきなり生活の中にやりなれていないことを組み込むというのは大変です

なんといっても私は三日坊主さんだし

それでもあきらめきれずに今度は石井方式の漢字絵本を購入しました





息子君おもしろくないらしく見向きもせず・・・


お~い


漢字絵本なんだから、聞いてるだけじゃダメなんだよ~~~~~


そんなこんなで漢字の取り組み計画は失敗に終わるかのように見えました。

が・・・・!!

(なんだか今日は、”が・・・・”、が多いですね)

意外な展開となりました


それは!!

高速学習!!

高速というとフラッシュカードですか?

ふふふ、そうじゃなくてリアル高速です

そう!高速道路なのです!!

我が家は、2、3ヶ月おきに、車で高速道路を使い実家に遊びに行っています
片道1時間みっちり、中国自動車道を走るわけですが
乗り物好きな息子くんは、いつも昼寝もせずパッチリ起きて窓の風景を楽しんでいました

たしか3歳くらいからだったと思います
標識がでてくると片っ端から
『あれなんて書いてあるの?』
と聞くようになりました
答えてあげないと非常に機嫌が悪くなります( ̄□||||!!

なので、聞かれたら全部、答えていきました

と、簡単に書きましたが、これは、かなり大変なんですよ~!!
次から次へと標識は出てくるし、1つに何種類も表示があったりするわけです
おまけにトンネルの名前まで聞いてくるので
ボ~っとしてはいられません
1時間しゃべりっぱなしです

そんなやりとりを毎回しているうちに
徐々に自分で読めるものが増えてきて、わからないものだけ答えればいいようになり

今では

ほぼ全部読めるようになってしまいました
トンネルも20箇所くらいありますが
すべて順番まで覚えています

おかげで随分、ドライブは楽になり地名も位置関係もバッチリです


普段は、物忘れも多くボ~としている子なのですが
なぜか、車の中から見たものは、記憶するのが早いようです

見逃すまいと集中すると記憶の質が変わるのでしょうか?

面白いのは漢字がいくつか読めるようになると
街中で歩いていて知らない漢字が出てくると気になるらしく、
これまた『なんて読むの?』
と聞いてくるようになりました

試しに、しまいこんでいた前述の漢字絵本を見せてみると
知っている漢字をみつけて大喜び♪

そっか
興味がある、無しでこんなに変わるのね

いったい今どのくらい彼の頭の中に入ってるのか?
確かめたいけどテストするといやがるでしょうね


私がこの大変面倒な息子の質問に答えているのには訳があって
素敵な子育てをされてるな、と尊敬しているママさんに
子育ての秘訣を教えてもらったからです

それは

質問されたことに全部答えてあげること

やってみるとわかりますが
子供が興味をもったときに、答えてあげるのと
『あとでね』とタイミングをはずして答えるのとでは、吸収力がまったく変わります

親子のコミュニケーション力も変わります

さすがに、全部、瞬時に答えられはしませんが
こういった心構えをもっていると、『あとでね』の対応も変わります

フルタイムで働いているママさんたちから
『なかなか、出来ないことが多くて』
とお聞きしますが
日常生活の中で、子供にピン!とアンテナがたったとき
すかさず、それを広げてあげる

することは

喋るだけ

いろいろ、取り組みはやってきましたが

家庭教育の軸はこれにつきるのではないかしら


emoticon-0157-sun.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学
  500円キャンペーンをおみのがしなく!!
 


今日お誕生日のまなりんに、 クリックをいただけると嬉しいわ よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓

人気ブログランキング



  PR :読み聞かせたいおすすめ絵本


[PR]
by manarin007 | 2008-12-17 00:58 | 知育
こんな、遊びはいかが?
2008年 10月 04日 |
にほんブログ村 子育てブログへ
b0137400_071021.jpg
さいきんの傑作!オリガミでつくったクワガタ&ヘラクレスオオカブト


子供って、ホント、何度も繰り返し遊ぶのが好きっておもいませんか?

つきあってあげたいのは、やまやまだけど
もう~やりたくない!ってくらい、ひつこい

今ね、息子が

しりとりブームなんです


これが、もう、飽き飽きしちゃって ( ̄▽ ̄;)


しりとりは語彙力を伸ばすすばらし~~い遊びだけど
ルールがシンプルなだけに、大人にはちと、つらいものがある

そこで、ひらめいた!!

題して 「 陣地しりとり~~~!!! 」

● ルール

まず、しりとりをスタート

自分の言った言葉の文字数だけ、
例えば 「すいか」 なら3個のオセロのこまを並べることが出来る

b0137400_0112734.jpg

こんな感じで、しりとりをしながら、自分の手前から並べていって
最終的に、オセロの駒の数が多い人が勝ち~☆

パっとみて優勢か劣勢かわかるから、結構おもしろいのよ

ポイントは、いかに文字数の多い言葉を連想できるかってところ
でも、幼児には難しいのでヒントとして
3回まで、国語辞書でしらべてもいいことにしているの

たかが、しりとり、されど、しりとり

いちど、お試しあれ~(〃⌒ー⌒〃)ゞ



< 今日のつぶやき >

ふと、きがつけば、もう10月
そろそろ、家の中で落ち着いて何かに取り組んでみようかしら

夏場は外遊び中心だったけど、涼しくなるとなぜか、知識欲がでてくるものですね
いったん、休止していたチル大の英語のレッスンもはじめてみようかな

ちょうど、10月1日から、
私のおすすめ 「 チルドレン大学 」 が入校キャンペーンを開始しました

これは、201日間学ぶWeb教材ですが
201日後も、何度でも繰り返し、学ぶことができ
我が家の子育てには、かかすことの出来ないものとなっています

ひとことでは、とても説明しきれないので
詳しくは、こちらのページをご覧になってね >> チルドレン大学ってなんだろう?

ランキング参加中! クリックをいただけると励みになります よろしくメェ~
↓↓ ポチッとクリック ↓↓
にほんブログ村 子育てブログへ




[PR]
フィンランドメソッドのカルタ :マインドマップをつくってみよう
2008年 05月 16日 |
今日のMSNのトップページにマインドマップの記事が出ていました
ちょうど前回(内容はこちら)フィンランドメソッドのことを紹介しますね、と書いたところだったので
なんて、タイムリー

すっかり有名になったフィンランドの教育法は「読解力」を伸ばすということで注目を浴びています
その手法のひとつに「カルタ」の作成を徹底して行う取り組みがあります

b0137400_9581926.jpgカルタは英語でいうところの「マインドマップ」のこと
表現のしかたはいろいろですが、こんな感じで中央にテーマを書き、その周囲にテーマから連想したことを放射状に書き込んでいきます。
マインドマップは人間の脳の機能にそった思考法であり、脳の働きを最も効率よく引き出すことができるのだそうです。
今まで日本では企業などで活用されてきたノート術でしたが、子供の自由な発想を伸ばすために便利な方法であると注目されています。


「頭を鍛えるダ・ヴィンチ・メソッド」(七田眞)によるとレオナルド・ダ・ヴィンチのメモはマップ法で描かれており、ビル・ゲイツはこのメモ(本になって出版されている)を暇があるたびごとに読んで、ダ・ヴィンチの頭の使い方=発想法を学んだそうです

b0137400_1030858.jpgフィンランドでは小学校3年・4年で書き方や使い方を練習することになっています

では、簡単にカルタの書き方を説明していきましょう
中央にテーマ、そしてテーマから連想する言葉を挙げていきますが、最初は言葉を挙げやすいようにヒントを添えます

例えば、テーマが「机」としましょう
「それは何?」=>「家具」、「事務用品」
「それで何をするの?」=>「勉強をする」、「物を書く」、「仕事をする」
「それはどんなもの?」=>「木で出来ている」、「重い」、「足が4本」

そして「足が4本」という言葉から「動物」を連想したとします
「机」から「動物」という言葉にはなんの関連性もないように感じますが
これにより「子供用に動物のデザインの机をつくるといいかも」と
デザインのアイデアにつなげることができたりします

このあいだから子供と調べものや、絵本の内容などについてお話をするとき
一緒にお絵かき感覚で作成をしています
子供の突飛な発想にも対応でき、思わぬ方向に展開したりしてとても面白いemoticon-0142-happy.gif
子供にとって文章にまとめるより、視覚的でわかりやすいらしく
複雑なせつめいは、マップを書きながらお話をすると理解しやすいみたいです

自由に言葉やアイデアを連想していくことに慣れたら
これを応用し分析にもつかってみましょう
物語をひとつテーマにし、そこから
「5W1H」(いつ、どこで、だれが、何を、なぜ、どのように)といった質問を
なぞなぞのように聞いて、書き出していきます
出てきた言葉からさらに、物語の細かい情報を伸ばしていったり
文章には書かれていない自分の解釈や思いつきを盛り込んでみてもいいですね
色を変えたり、イラストをつけたり遊び感覚で楽しみましょう
(お勉強モードはやめましょうね)

これは物語の分析と解釈のトレーニングになると同時に
自分で作文を創作するための準備運動にもなります
自分で創作する場合は、中央のテーマに
「何がどうした」という文を書き(例、学校の遠足に行った)
あとは前述の物語の分析と同じ手順で5W1Hの質問を書き入れていきます
要素が出そろったら文章にまとめてみましょう

説明だけ読むと「型にはめていく」という感じをうけるかもしれませんが
実際やってみると、脳の使っていない部分が反応していくようで
とても創造的な作業です
いろいろ遊んでみてくださいね

フィンランド・メソッド 図解 フィンランド・メソッド入門
 北川 達夫 フィンランドメソッド普及会
 経済界 2005-10
 売り上げランキング : 4627
 おすすめ平均 star



emoticon-0157-sun.gif 日常生活を学びの場にする知恵が満載! チルドレン大学

ランキング参加中 にほんブログ村 教育ブログへ クリックをいただけたらとても励みになります(^^)

[PR]
by manarin007 | 2008-05-16 12:51 | 知育
AX